子育て情報『キッザニア福岡で初開催「弁理士ウィーク」こども達が商標登録の仕事を体験!』

キッザニア福岡で初開催「弁理士ウィーク」こども達が商標登録の仕事を体験!

日本弁理士会(東京都千代田区、会長:鈴木 一永)と、こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」の企画・ 運営を行う KCJ GROUP 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:圓谷 道成、以下 KCJ GROUP)は、7月1日に制定されている「弁理士の日」に合わせて、2024年7月1日(月)から7月7日(日)まで、キッザニア福岡(福岡市博多区)にて「弁理士ウィーク」(以下 本イベント)を開催し、期間限定パビリオン「弁理士事務所」をオープンします。
キッザニア福岡で初開催となる本イベントは、未来を担うこども達へのさらなる知的財産制度の啓発を目的に開催するもので、2021年3月にキッザニア東京で初めて開催して以来3回目となります。

キッザニア福岡で初開催「弁理士ウィーク」こども達が商標登録の仕事を体験!

東京で開催した「弁理士ウィーク」体験の様子(イメージ)1
キッザニア福岡で初開催「弁理士ウィーク」こども達が商標登録の仕事を体験!

東京で開催した「弁理士ウィーク」体験の様子(イメージ)2

「弁理士事務所」パビリオンでは、こども達が知的財産の専門家である「弁理士」としての役割や商標について学んだ後、知的財産権を取得したい依頼者の代理人としてキッザニア特許庁への出願手続きを行います。こども達は、施設内にある「キッザニアショップ」(お土産ショップ)や「漢方研究所」パビリオン(四季折々の植物を使ったバスボムを作るパビリオン)から依頼を受け、商標登録がされていないことを確認した後、商標登録出願書類を作成しオンラインでキッザニア特許庁へ書類を提出します。その後、受付票を持ってキッザニア特許庁に行き、商標登録証を受け取ります。
本イベント期間中は、“弁理士に関するクイズラリー”や常設パビリオンで本イベントにちなんだアクティビティも実施します。

近年、急速に発展するデジタル化やグローバル化に伴い、知的財産制度の在り方の見直しが社会課題になっています。日本弁理士会とKCJ GROUPは、本イベントでの体験を通じて、こども達が楽しみながら「商標権」について学び、身近な商品やサービスに含まれる知的財産権を保護する重要性について理解を深めることで、その重要な役割と社会のつながりについて考え、弁理士への興味関心を持つ機会になることを期待しています。

■パビリオン概要
パビリオン名:弁理士事務所
職業名 :弁理士
定員 :6名/1回
所要時間 :約25分
給料 :8キッゾ
成果物 :商標登録証(オリジナルクリアファイル付き)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.