恋愛情報『痛すぎる…自称「サバサバ系女子」がしている非モテ行動|実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #7』

2019年2月26日 20:30

痛すぎる…自称「サバサバ系女子」がしている非モテ行動|実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #7

モテを狙っているつもりなのに、逆に男から敬遠されてしまう……なんて、“残念な女”が辿る道。恋愛模様研究家である並木まきが、モテを狙っているのに実はモテを逃している女子像に迫ります。
文・並木まき

【その努力ムダです!実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #7.勘違い「自称サバサバ女子」】

目次

・LINEでも「サバサバ口調」の女たち…
・男が好むサバサバは「口調」のことじゃない!


LINEでも「サバサバ口調」の女たち…

痛すぎる…自称「サバサバ系女子」がしている非モテ行動|実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #7


サバサバした女子を演じようと、男性に対しても「あざ~す」「ウィーっす!」など、あえて“サバけた言葉”を使っている女性っていますよね。

LINEでさえも、そんな言葉を使っている場合も……。

男から“重い女認定”されたくなくて、あえてそのような言葉を多用し「私はサッパリとした女なのよ」と伝えたいのかもしれません。

しかし!

このような女性、男ウケは最悪……!なのです。

「“●●っす!”って言い方、少し前に流行りましたけど、当時からこういう言葉遣いをする女性にはゲンナリです。

こういう口調をするのは、勘違い系のガサツなタイプに多い気がします。本人は、モテると思って使ってるんですかね?」(30代/経営者)

「いたいた! LINEでのデートの約束中“了解っす!”って返してきた子とか、頼まれたことをしてあげたら“アザース!”って返してきた子とか。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.