恋愛情報『失敗は自己責任? 個人の責任はどこまで追及されるべきか…【石井ゆかりの幸福論】』

2021年2月25日 18:55

失敗は自己責任? 個人の責任はどこまで追及されるべきか…【石井ゆかりの幸福論】

幸福は、自分一人だけの世界では、完結しないのです。

私たちの人生は、常にいくつもの「出入り口・ゲート」によって、外界と繋がっています。ゆえに、私たち自身の幸福を考えるときはいつも、その出入り口から出入りするものに考えが及ぶのです。
出入りするものは、完全にはコントロールできず、出入りの際には常にリスクが伴います。そのリスクが現実のものとなったとき、多くの人が自分を責めますし、他人が自分を責めてくることもあります。でも本当は、それを「責める」ことは、ナンセンスなのです。

石井ゆかりの幸福論


ゲートの開け閉めを失敗して、受け入れるべきではないものを受け入れてしまう経験を、ほとんど全ての人が持っているはずです。
一方、ゲートの開け閉めの賭けに運良く勝っただけなのに、「自分は自力で成功したのだ」と信じ切っている人は、少なくありません。
時限爆弾の青い線と赤い線のどちらを切るか、ノーヒントで決めなければならないような瞬間を、私たちは人生の中で、けっこうしばしば、経験しているのです。
そこで爆弾をバクハツさせてしまったとして、その人の責任を問えるでしょうか。
法的にはもちろん、そこがしばしば、問われます。
裁判の場では、それこそが「争点」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.