恋愛情報『マンネリ脱出!男性が「やっぱ、コイツしかいない」と彼女に感じる瞬間』

マンネリ脱出!男性が「やっぱ、コイツしかいない」と彼女に感じる瞬間

2018年4月1日 11:35
 

目次

・自分の事のように心配してくれた時
・彼女の弱い一面を見た時
・自分を信頼してくれた時
マンネリ脱出!男性が「やっぱ、コイツしかいない」と彼女に感じる瞬間


付き合ってからしばらく経つと二人の関係も安定し始め、徐々に始めてのマンネリへと向かって行きます。
マンネリ状態になってしまうと女性は、不安で気持ちが埋め尽くされデートしていてもテンションが上がりませんよね。
彼氏に付き合ったばかりの頃のような優しさを見せて欲しい!
そんな気持ちになっているなら、彼が「コイツしかいない」と感じる行動をしてみましょう。

自分の事のように心配してくれた時

付き合いが慣れてくると、どうしても女性側も男性に優しくする気持ちを忘れがちになってしまいます。
男性は外面は格好良くて強い自分を演出していますが、実は女性よりも甘えたがりでメンタルも弱い傾向にあります。

そのため、「仕事で疲れているんじゃない?大丈夫?」と心配されたり、悩み事や愚痴などを言った時に自分の事のように心配してもらえると「なんていい子なんだろう」と、やっぱコイツしかいないと思うみたい。
彼の方が年上でも時には自分がお姉さんぽく立ち振る舞い、頭を撫でてあげるなんて行動も効果的。

彼女の弱い一面を見た時

男性には「弱いものを守らなければ」という気持ちが小さい頃から備わっています。
いつもはしっかりした性格の彼女なら、時々弱い自分を彼に見せることで「コイツを守ってやらなくちゃ」という認識を強くする男性は多いみたい。
お付き合いしてしばらく経つと、相手に甘えることが恥ずかしくなる事もあるかもしれませんが、大好きな彼だからこそ素直に甘えたり、弱い一面を見せた方が大切にされるのかもしれませんね。

自分を信頼してくれた時

一般的に男性は、「自由」を大切にしたいと考える傾向があると言われています。
彼女が出来ても一人の時間は大切で、付き合ってしばらく経つころになると「そろそろ自由が欲しい」「束縛されたくない」という気持ちが芽生え始めます。

例えば、彼が何か趣味に打ち込みたいと言った時は「浮気しているんでしょ?」と疑いの言葉をかけず「楽しんでおいで」と信頼して送り出す姿勢に「こんないい子を手放せない」と愛情を強くします。
一人の時間を作りたいと言ったら彼女に怒られそう…と遠慮して言い出せない男性も多いので、「そろそろお互いに一人の時間を少しずつ作ってみようか」と提案してあげるのも良いかもしれません。いかがでしたか?
彼氏が最近冷たくなた気がする、最初の頃と違う接し方になってきたという方はこの3つの行動を試してみてはいかがでしょうか?
きっと、彼女の大切さを再認識して、付き合い始めの頃のように優しく接してくれるようになるはずです。

written by 亀ぱんだ

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.