恋愛情報『年上男性に「妹としか見れない」と言われた時の挽回法はこれ!』

2020年1月20日 19:00

年上男性に「妹としか見れない」と言われた時の挽回法はこれ!

目次

・「妹」=守ってあげたい存在=恋愛対象から外れてはいない!
・まずは、相手から尊敬される存在になろう!
・「気軽に会える相手」から脱却しよう!
・「妹」である存在も活用する!
年上男性に「妹としか見れない」と言われた時の挽回法はこれ!


年上男性に「妹としか見れない」と言われても、諦める必要はありません。これから挽回するチャンスはあります。一人の女性として見られるために心掛けることを紹介していくので、試してみてくださいね!

「妹」=守ってあげたい存在=恋愛対象から外れてはいない!

「妹」という表現を使われると、恋愛対象外になってしまったと諦めてしまいそうになりますよね。しかし、本当に苦手な人や恋愛対象外だった場合は、「他に好きな人がいる」など、違う表現で断ることが多いです。

あえて「妹」と表現したのは、「守ってあげたい」「可愛い」と思う庇護欲があるからです。しかしこの庇護欲は妹だけでなく自分の彼女にも抱かれるものです。なので、妹であっても実は十分に相手の恋愛対象に入ってはいるのです。

まずは、相手から尊敬される存在になろう!

男性は女性から追いかけられたい気持ちもありますが、極端にアピールされると逃げてしまいます。逆に、気に入った女性を追いかけたい気持ちがあるのも特徴です。

なので、男性から「追いかけたい」「尊敬している」と思われることが彼女として意識されるきっかけになりやすいです。

年下女性が不意に大人っぽい仕草や言動をすると、急に印象が変わります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.