恋愛情報『「いい出会い」の裏にはその100倍以上の「よくない出会い」がある』

「いい出会い」の裏にはその100倍以上の「よくない出会い」がある

2018年7月19日 11:00
 

目次

・いい出会いとは奇跡ではなく、確率である
・いい出会いには、自己分析が欠かせない
・奇跡的な出会いは、出会いの屍の積み重なった上にある
・主体的に出会いにいくことが大事
「いい出会い」の裏にはその100倍以上の「よくない出会い」がある


世の中には「いい出会い」信仰が蔓延っているようです。

確かに出会いとは不思議なもので、まるで神様に引き合わせれたかのように、偶発的にかつ必然性を持って目の前に現れるものです。

しかし、多くの人がその「光」の部分だけに注目し、裏側にある「影」の部分を知りません。

■いい出会いとは奇跡ではなく、確率である

元も子もないことを言うようですが、いい出会いなんてものは、奇跡でもなんでもなく実は確率の問題です。

10人の人間と話すよりも、100人の人間と話すよりも、1,000人の人間と話した方が、自分にピッタリの人間に出会える確率が上がるだけの話なのです。

これは恋愛以外の話に置きかえても同じ。

小説なら、色んな作家の色んな作品を読んでみて、自分の好みがわかるようになるし、なぜその作品が好きなのかを明確に説明できます。

仕事でもそう。一つの職種しか経験したことがない人と、営業もマーケティングも総務も人事も経験したことがある人と、どちらが自分の好きな仕事を見つけられるのか、いちいち解説するまでもないでしょう。

「好き」の周りには、数多くの「好きじゃない」がくっついているものなんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.