恋愛情報『「男を立てる女」はもう古い!今は「男から受け取る女」が圧倒的に愛される時代です』

2019年3月19日 13:00

「男を立てる女」はもう古い!今は「男から受け取る女」が圧倒的に愛される時代です

目次

・●「男を立てる」なんて無理!な世の中になってきている
・●女性は「一歩後ろ」ではなく、パートナーと「二人三脚」
・●これからの時代、幸せになる女性の特徴
・▽「与えることの楽しさ」を伝える
・▽「受け取ることの楽しさ」を学ぶ
・●これからは「男から受け取る女」が愛される時代
女性


時代が変わればルールが変わる。ルールが変われば常識が変わる。常識が変われば役割が変わる。

僕たちの親の世代までは、女性は慎ましくおしとやかに、男性の一歩後ろを歩いて「男を立てること」が求められていました。

しかしそれは、男性が会社組織というヒエラルキーの中に組み込まれていた時代の成功法です。

今の男性たちは「会社の中で出世すること」よりも「自分らしく生きること」に目を向けています。(それは女性も同じですよね)

と、いうことは、男性たちが彼女や妻に求める「女性像」も、彼氏や夫を成功に導くことができる「女性像」も全然違うものになって来ているということ。

あなたは今、その激動の「女性像」について来れていますか?

■●「男を立てる」なんて無理!な世の中になってきている

1980年、全国に600万世帯あった共働きの世帯は、2017年に1188万世帯になり、およそ2倍に増えています。(参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構「図12 専業主婦世帯と共働き世帯)

一方、専業主婦の世帯は、同じ期間に1100万世帯から、641万世帯に減っていて、こちらはおよそ2分の1です。

つまり、ここ40年間ぐらいで完全に逆転しているのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.