恋愛情報『「男ウケ服」「モテ服」で誤解している5つのこと』

2014年3月15日 08:56

「男ウケ服」「モテ服」で誤解している5つのこと

「男ウケ服」「モテ服」で誤解している5つのこと


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

あなたは飲み会やイベントなどで、どんな服を選んでいますか? もちろん自分の好きなものを着ればいいのですが、もし出会いやモテを求めるのなら、迷いなく男ウケのいい服を選んで欲しいところ。「女ウケと男ウケ両方を狙う」なんて思わない方が確実に男性たちの心をつかむことができます。

よく男性同士の会話で話題になるのは、女性誌で書かれているモテ服の間違い。今回は「オレたちは、ああいうのは好きじゃないよな」などと話している声を紹介していきます。

■フリル、レース、リボンは苦手

「“痛い女”のイメージが強い」「女の子っぽく見せようとしても、中身がそうでもなかったら逆効果」

いずれもフェミニンなディテールの代表格ですが、初対面であからさまなものは男性を引かせるだけ。フェミニンなアイテムほど、ややカジュアルやハードなものを併せた甘辛のコーディネイトが好評のようです。

■モノトーンには興味が湧かない

「話しかけにくいというか、テンションが上がらない」「さわり心地がよくなさそう」「制服や礼服を着ているみたい」

白はモテ色の定番なのですが、黒は断トツの非モテ色。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.