恋愛情報『【きっかけは生理周期の乱れ】おへそあたりに違和感…→婦人科を受診して判明した“原因”とは』

【きっかけは生理周期の乱れ】おへそあたりに違和感…→婦人科を受診して判明した“原因”とは

目次

・Bさんの場合…
・どんな治療を受けましたか?
・世の女性陣へ伝えたいことは?
・違和感を覚えたときは婦人科へ
【きっかけは生理周期の乱れ】おへそあたりに違和感…→婦人科を受診して判明した“原因”とは

生理がいつもと違うなと感じたことはありませんか?

大きな症状はなくても、婦人科疾患が隠れている可能性もあるようです。

そこで今回のMOREDOORでは、「婦人科疾患に気づいたきっかけエピソード」をご紹介します。
監修者:ひなたクリニック院長、三橋 裕一
1964年生まれ。福島県会津若松市出身で2007年に札幌でひなたクリニックを開業。
産婦人科医の傍ら、総合格闘技のリングドクターとしても活動。
新事業の『内診台を使用したVIO脱毛』に日々奮闘中。

Bさんの場合…

卵巣のう腫が見つかりました。
きっかけは、生理の周期が乱れていたことで、婦人科の病院に行って気づきました。


とくに症状はありませんでしたが、おへそのあたりが張っていて、うつぶせになるとボールが入っているような感覚でした。

辛かったことは、妙に体が重くなったことです。

どんな治療を受けましたか?

大きくなりすぎていたので1週間程度入院し、検査をして手術を行いました。

治療についてですが、基本的に進行を遅くする薬などはないようです。

また、卵巣のう腫ができる原因も明らかにされていないようなので、対策を講じることはできないと思います。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.