子育て中のペット飼育のメリットや注意点まとめ

(c)melounix - stock.adobe.com

子育て中のペット飼育のメリットや注意点まとめ

動物との触れ合いが子どもの心を豊かにすると言われています。幼い頃からペットと一緒に過ごせば、兄弟のように思える存在となり、思いやりの心や自尊心が育つのではないでしょうか。その反面、アレルギーや衛生面が気になる点でもあります。子育て中のペット飼育のメリットやデメリットなどをまとめてみました。

ペット飼育が子どもに良い影響を与えるその理由とは

1人っ子+ペットとの生活「子どもに与える影響」2つ出典:皆さんはペットを飼っていますか?ペットを飼うと婚期が遅れるなんて話もよく耳にしますが、大人にとっても子どもにとっても、ペットは人間にとってとても大きな存在です。ではペットとの暮らしは子どもにとっていったいどんな影響があるのでしょうか?特に1人っ子のママは必見です! 4割以上が「兄弟・姉妹」と回答!ペットは身近な存在アイペット損害保険株式会社は、子どもが小学校を卒業するまでに犬・猫(以下ペット)を飼育した経験を持つ959名を対象にペットとの暮らしが子どもに与える影響について、調査を実施しています。調査の中の質問で、子どもにとってのペットの存在について聞いたところ、「友達」という回…
動物とのふれあいが子どもの心の成長に!ペット飼育のメリット最近はペット飼育可のマンションも増え、犬や猫などを飼う家庭が増えてきていますね。動物とのふれあいは子どもにとって癒しの時間。とはいえ、同時に責任を伴うものでもあります。ペットによる良い影響&飼育時の注意点について、人間と動物との関わりにおける心理学の専門家・中島由佳准教授にお話を聞きました。ペットへの愛着が育てる「思いやりの心」ペットを飼うことで子どもにどんな力が身に付くのでしょうか?「心理学研究の調査では、ペットとの間にちゃんと絆ができている子どもは、そうでない子どもよりも、人への思いやりや温かさを持っているという結果が出ています。ペットとの絆って、そのペットと一緒に遊んだり、散歩やエサを与…

赤ちゃんも動物も可愛く撮るには?

ペットや赤ちゃんの撮影って難しい! 可愛く撮るコツをプロが伝授動き回る赤ちゃんやペットを可愛らしく写真に収めるのは、本当に難しいですよね。そこで、家族写真の撮影で人気があり「いつまでも飾りたい写真」「家族写真の大切さを伝えられる写真館」をテーマにしている『いりそ写真館』の後藤晋作さんにお話しを伺いました。家族写真撮影の専門家といえば写真館「ペットとお子さんの撮影は、どちらも好き勝手に動くので、一般の方ですと撮影しづらいかもしれません。実際に、私たちでも、ペットとお子さんの撮影には、ちょっとしたコツが重要になってきます。」とお話しされる後藤さん。「スタジオでの撮影は、ペットや赤ちゃんにとって初めての異空間。犬など嗅覚が優れているペットの場合、いろいろな臭い…

子育て中にペットを飼うとき気を付けたいこと

赤ちゃんと犬は一緒に暮らせる?飼う時の注意点とはsource:犬や猫などのペットは、人に癒しを与えてくれる存在ですよね。筆者も犬と赤ちゃんの生活をUPしているインスタグラマーさんをフォローして、その微笑ましい光景を見るたびに癒されています。そんな犬と赤ちゃんとの共同生活……実際はどうなのでしょうか。筆者の場合、犬を飼い始めたのは下の子が10歳になってからですが「もし、子どもが小さいうちに犬を飼っていたらどうだったのか」ということを、経験を踏まえお伝えします。▼犬と赤ちゃんの生活は上手くやっていける?犬が赤ちゃんの世話を焼いたり、仲良く遊んでいる場面は、本当にかわいらしいですよね。犬と赤ちゃんがそんな理想的な共同生活を送るために、まず重要なこ…
ペットを飼っていて赤ちゃんを授かった!ペットと子どもの共存で気を付けたいことペットは今や家族同然の存在と考えている人が多く、子どもはペットと暮らすことで命の大切さや責任感などを学ぶことができます。しかし、ママが妊娠中や産後、さらに子どもが乳幼児の時には衛生面などで不安なこともあると思います。既にペットを飼っていて赤ちゃんを授かった場合、どんなことに気を付けるとよいのでしょうか。細菌や寄生虫の存在を把握し対策をとる過剰に神経質になる必要はありませんが、ペットには細菌や寄生虫がついている場合があることも確かです。ペットに触った後は手洗いし、キスなどをしないよう衛生面には配慮する必要があります。特に猫のフンにいるトキソプラズマは、妊娠中に感染すると流産や子どもの視力障碍を引…
過信は禁物! 子育て世帯がペットを飼うときの安全対策4つ今や空前のペットブーム。犬や猫を飼いながら、育児をしている家庭もたくさんありますよね。ペットは乳幼児の情操教育によく、育児で疲れたママやパパの心にも癒やしを与えてくれる大切な存在です。いっぽうで、時にはそのキバやツメが、子どもたちに取り返しのつかない傷を負わせてしまうこともあります。東京都では先日、生後10か月の赤ちゃんが飼い犬に噛まれて死亡するという痛ましい事件が起きてしまいました。ペットと子どもが安心・安全に共存していくためには、いったいどのような工夫が必要なのでしょうか。今回は、ワンちゃん・ネコちゃんを飼いながら育児をしているご家庭に、対策方法などを聞いてみました。●(1)犬と猫の逃げ込…
部屋は分けるべき? ペットと赤ちゃんを同居させるときの注意点4つペットは大切な家族の一員。でも妊娠がわかったとたん、その存在を悩ましく思ってしまう人たちは多いようです。赤ちゃんとの同居は無理だと判断して、ペットを実家に預けようとする家庭はよくありますね。また、「赤ちゃんが生まれるのだから、ペットは手放すべき」と周囲から言われてしまうケースもしばしばあるそうです。確かに両親がアレルギー持ちだった場合、生まれてくる赤ちゃんにもその体質が遺伝する可能性があります。小児喘息などの原因ともなるため、しかたなく手放さなければならないこともあるでしょう。けれど、赤ちゃんとペットが同居することには多くのメリットがあるのも事実。子どもの情操教育にはうってつけですし、子育てに…

ペット飼育は本当に子どもの情操教育に良い?みんなの本音!

子どもとペットのリアル生活を暴露! 情操教育に良いって実感できてる?犬猫だけでなく、鳥や魚、は虫類とペットの種類はさまざまですが、子どもの情操教育に良いという話はよく聞きます。いきものがいる日常生活は、子どもやママ、そして家族全体をどのように変えていくのでしょうか? ペットと過ごした経験のあるママたちがみた実際の経験と感想を紹介します。■初めてペットが我が家にやってきた!初めてのペットはまさに、未知との遭遇。触ったり観察したり、とにかく興味が尽きません。「おいしそうにごはんを食べてる!」「がんばってウンチしてる!」「寝顔がかわいい!」などなど、すべてが驚きであり、感動です。やることなすこと全部がうれしくて、いとおしくて、ずっと一緒にいたい、大事にしたいという、…

○○の飼育は初心者親子にもピッタリ!?

簡単かつ低コスト! ズボラ親子でもできる「カタツムリ飼育」のススメ【ママからのご相談】年長と年中の男の子を育児中の主婦です。子どもたちは生き物が大好きなのですが、ウチはペット不可のマンション住まいです。「虫ならOK」と思っていたのですが、いざクワガタ虫を飼ってみると1か月で亡くなってしまいました。 去年はアマガエルの飼育にも失敗しています。私自身もズボラな性格なので、虫の飼育に向いていないようです。生き物の飼育は子どもたちへの情操教育にも良さそうなのでなんとか成功させたいのですが……。手間もお金もかからず簡単に飼育できて、案外長生きな生き物っていませんか?●A. “生き物の飼育に才能が無い系親子”にはカタツムリがオススメ!ご相談ありがとうございます。ママライ…
カタツムリが命の大切さを教えるきっかけになる? その理由とは梅雨のジメジメを少しでも楽しく過ごすために、子どもと一緒にカタツムリを飼育してみませんか? 生き物を飼うということの大変さ、命の大切さを伝えるよいきっかけにもなるのです。命あるものはいつか亡くなってしまうという、子どもにとっては悲しいテーマになるかもしれませんが、ゲーム感覚で言うところの「リセットすれば元に戻る」といった、命に対する間違った考え方を持たせないためにも、こういった教育は必要です。■なぜカタツムリを飼うのがよいのか?数ある生き物の中で、あえてカタツムリを勧める理由は以下の通りです。(1)簡単に見つけやすいカタツムリは、道ばたで捕まえることができます。わざわざお店に行く必要がないので…

子育て世代はどんな動物たちと暮らしている?

子育て世代は猫派?犬派? ペットに癒されたい人たちが飼っている動物とは【パパママの本音調査】 Vol.163今では、ペットを飼っているご家庭も多いと思います。でも、ペットと暮らすということは命に責任を持つことでもあります。子育て世代のパパやママはペットについてどう考えているのでしょうか。Q.自宅でどんなペットを飼ってる?飼いたい?1.犬 32.8%2.猫        17.5%3.ハムスターなどの小動物       11.0%4.魚・は虫類など    8.6%5.ペットを飼う予定ははい   30.1%猫ブームの中、なんと犬を飼っている・飼いたいという人が32.8%と最も多い結果になり…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.