妊娠初期から知りたい里帰り出産のメリットとデメリットまとめ

(c) drubig-photo - Fotolia.com

妊娠初期から知りたい里帰り出産のメリットとデメリットまとめ

実家が遠い人は、妊娠が確定するとまず考えるのが里帰り出産。特に初めての出産する人は、赤ちゃんのお世話もままならないので、自分の身の回りのことや食事を作ってくれる人がいる里帰り出産の方がメリットがあります。一方でパパと離れ離れになってしまうというデメリットもあります。妊娠初期から知っておきたい里帰り出産のメリットとデメリットをまとめました。

知っておきたい里帰り出産のメリット・デメリット

やっぱり安心? 里帰り出産のメリット・デメリット出産までには、いろんな選択肢がありますね。出産が近づいたころに「里帰り出産」を選択するかたもいます。この里帰り出産にはメリットもデメリットもあるようです。今回は、里帰り出産について、医師の話を聞いてみました。「里帰り出産」とは具体的にどういうことでしょうか?里帰り出産とは、妊娠をしているかたが、出産のためにご自身の実家に一時的に戻って、実家の近くの産婦人科などで出産を行うことです。里帰り出産のメリットを具体的に教えてください一番のメリットは、実家でお産ができる安心感ということでしょう。また、妊娠後期で不眠がちになったり、初産では陣痛が始まってからいつ病院に行くべきなのか、タイミングが自分ではよ…
親に来てもらうのもアリ? 「里帰り出産」のメリット&デメリット【ママからのご相談】新婚2年目にして、お腹に赤ちゃんができました。出産のとき、里帰りするかしないかで迷っています。私は働いていて、産休を取る予定です。実家はどちらも新幹線の距離なので、早めに決めなければいけません。みなさん、どうやって選んでいるのでしょうか。●A. 母体を休ませる環境づくりが最優先。「なんのために帰るのか」を忘れずに。こんにちは、ママライターの広瀬まおです。まずはご懐妊おめでとうございます!初めての出産、いろんな情報を目にしても今いちピンとこないことも多いですよね。でも決めなければいけないことは山のようにあったり。今回は、里帰り出産のメリット・デメリットについてお話ししましょう…
出産場所で失敗・成功が決まる!? 実家・義実家・自宅出産のメリット&デメリット昔から「床上げまでは3週間」といわれていますが、出産後は「自分の実家へ里帰りする」「義実家へ里帰りする」「夫婦で乗り越える」という3つの選択肢があります。家庭環境や子どもの数によってどれを選ぶかは変わりますが、「産後はエストロゲンが減少するため、心がナーバスになります。過ごす場所も大切」と、子育てコーチングの和久田ミカさん。今回は和久田さんが実際にコーチングをしながら聞いてきたそれぞれのメリットとデメリットを、聞きました。<実家で出産>■メリット・育児に専念でき、はじめての育児で不安なことも実母に気軽に相談できる・地元の友達に出産や育児の経験談を聞ける・2人目なら、上の子も家で2人きりのときよ…
里帰り出産のメリットと気をつけておきたいポイントとは妊娠したら決めておきたいのが、里帰り出産をするかどうか。ギリギリになってしまうと、分娩の予約が取れないこともあります。出産をどこでするかについては、なるべく早めに決めておきたいところです。そこで今回は、里帰り出産をすることで実感できるメリットと、里帰り出産ならではの注意点についてお話ししていきます。■里帰り出産のメリット(1)リラックスしてお産に臨める里帰り出産の最大のメリットは、生まれ育った環境の中、リラックスして出産の準備ができるということ。お産に対する恐怖心や緊張を感じている人も、里帰りすることで気持ちが楽になるはずです。住みなれた環境で過ごすということは、ママにとって精神的にとても落ち…

里帰り経験者の本音とは

「里帰り出産」する・しない!? 経験者が語るホンネ慣れない育児を家族にサポートしてもらいながら、産後の体を回復させることができるなど、新米ママにとって心強い「里帰り出産」。その反面で、思わぬトラブルが起きるケースもあるようです。実際に里帰り出産によるトラブルを経験したママの声を元に、“里帰り出産”について考えてみましょう。■どうしてこうなるの…里帰り出産に多い「母親との関係悪化」友だちのように仲の良い親子だったのに、どうしてこんなことに…。里帰り出産でのトラブルのひとつが、実の母親とのもめごとです。娘の役に立ちたいという思いから、必要以上に自分の考え方を押しつけてしまう母親が多いようです。実際に、里帰り出産で母親と衝突した経験があるママの意見…
里帰り出産、単純に悲しくないの?【ドイツでママになる】妊娠が発覚しどこで産むかを考えるとき、日本では「いま暮らすところで産む」のか「里帰り出産」をするのか、からスタートする方も多いと思います。この「里帰り出産」という考え方、私の知る限りでは日本独特の文化のよう。ドイツ語には、里帰り出産に値する単語もなければ、そういった考え方もありません。出産後は基本的にパートナーが支えるドイツでは、親や周りに頼るではなく、子どもは「夫婦2人で」育てていくという考え方が根付いている気がします。だからこその社会的制度の充実や男性側の育児休暇の取りやすさ、助産師制度が充実しているのかもしれません。あるドイツ人男性に日本の「里帰り出産」文化について話したとき、うまれたて…

このあたりのデメリットは気をつけて

夫の浮気を招く?妊活カウンセラーが教える「里帰り出産」の実情source:現在、出産を取り扱う病院も減り、妊娠と同時に出産場所をどこにしようかと迷う人も多いのではないでしょうか?首都圏を中心に核家族化が進む中、出産の時ぐらい親元でゆっくり過ごしたいと思い、“里帰り出産”をするママもいますね。中には、結婚を機に実家を離れ、遠くで暮らしていたため、「妊娠したら、半年ぐらい里帰りする!」と言われる人も。しかし、この“里帰り出産”に対してはいろんな考え方があり、どれが正しいということはありません。今日は、元看護師でマタニティケアの講師でもある筆者が里帰り出産についての在り方ついてお話をしたいと思います。伊藤優子元看護師、妊活カウンセラー。2013年10月からカ…
「夫のための里帰り出産」がパパの育児機会を潰す【新米ママのトリセツ】#4source:女性は、妊娠すると、様々な身体や環境の変化に戸惑い、悩むものです。自分と赤ちゃんのことでいっぱいいっぱいなのに、夫のことなんて考えている余裕がない!……それが本音ですよね。ですが、夫のほうは、そんなママの豹変ぶりに頭の中は「?」がいっぱいです。そんな二人のすれ違いを『出産・育児ママのトリセツ』の著者が、本の中から解説したいと思います。山本 ユキコ心理学博士。子育てフィロソフィ代表。2000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ」、「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」 里帰りするかどうかは「あなたの安らぎ」を基準にsource:“…
「実家だから安心」というわけではない?意外なデメリットもある“里帰り出産の現実”とは待望の赤ちゃんがお腹に宿ったことがわかったときは、とても嬉しいですよね!ママがまず考えなくてはならないのが、出産する場所です。中でも1番迷うのが「“里帰り出産”するか、しないか」ではないでしょうか。実家が近い場合はよいのですが、遠方になるほど迷いますよね。今回は意外と分からない、“里帰り出産”の準備や基礎についてお伝えします。 ■ そもそも里帰り出産って?里帰り出産とは、言葉の通り、実家に戻って父母の元で出産を待ち、産後も実母(または義母)に赤ちゃんのお世話を手伝ってもらう出産の形式です。最近は、出産後に里帰りするママも多いようです。 ■里帰り出産のメリット・デメリットとは…

里帰り出産を決めたら、準備するべき事・確認すべき点とは

【2人目子育てバイブル #11】「里帰り出産」を決めたら確認すべき5点source:人目の子どもが欲しいけど、妊娠、出産、育児を考えると悩ましい……。2児のママでもある筆者がお送りする連載『2人目子育てバイブル』。第10回は出産入院の際の「義母・実母のサポート」をお伝…
里帰り出産の準備って何をしておけばいい?里帰り出産とは、ママの両親や義両親が住む実家へと帰省し、あらかじめ分娩予約を行った周辺の産院で出産することを指します。帰省する時期は、臨月に入る前の妊娠34~35週頃までに移動をすませることが一般的…
早めの準備が肝心? 里帰り出産をするママの「やるべきこと」リストこんにちは、齋藤惠です。お腹が大きくなり、いよいよ本格的な出産準備が必要になった8か月から臨月直前のママさんへ、筆者なりに、何を・いつまでにやらなければいけないかを考えリスト化してみました!今回は特…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.