保険屋との打ち合わせ場所をカフェや喫茶店にするのはどう?喫茶店の支払いはどうする?

新しく保険に加入したり、加入中の保険の見直しをするときには、一人で決めるよりも専門家からのアドバイスを受けたいですよね。

そのような場合におすすめするのが、無料の保険相談です。

これは、保険の専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)と対面での保険相談を受けられるサービスです。

相談場所は、保険販売店舗や自宅を指定できます。

しかし、自宅に来てもらうとなると、掃除をしなければならないので面倒に感じますよね。

実は、相談場所はカフェなどの飲食店を指定することも可能ですが、注意点が存在します。

そこで、この記事では「カフェや喫茶店で保険相談はできるのか」について
  • カフェや喫茶店を含めて場所を自由に設定できる
  • カフェで保険相談をするメリット
  • カフェで保険相談をするデメリット
  • 相談前に気を付けたいこと
  • カフェで相談できる保険サービス
などを解説していきます。

保険ショップへの来店と自宅に出向いてもらうのが難しい人は、記事を最後まで読むことで疑問を解決できると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

内容をまとめると

  1. FPとの保険相談は、カフェや喫茶店でも話をすることができる
  2. カフェや喫茶店で相談をするメリットは、自宅の掃除やFPに出すお茶菓子を用意しなくて済むこと
  3. 一方、他の人と席が近いと意図せず話を聞かれてしまうことがデメリット
  4. そのため、保険相談をするなら他人との距離を確保できる席につき、空いている時間に利用することがおすすめ
  5. なお、飲食代金は自分で支払うか、場合によっては保険会社に清算してもらえる
  6. 保険についての悩みがある方、保険会社の営業のいうがままに保険に入って良いのか疑問がある方は、無料保険相談を利用するのがおすすめ
  7. 無料保険相談を利用すれば、中立な保険のプロがあなたに一番必要な保険を提案してくれる
  8. 当サイトでおすすめしている無料保険相談窓口はこちら
おすすめ保険相談窓口はこちら
ほけんROOM相談室
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

保険屋との打ち合わせ場所をカフェや喫茶店・ファミレスにするのはどう?

保険を相談する際に、カフェや喫茶店で相談をする方が都合が良い場合があると思います。


結論から述べると、保険相談の打ち合わせ場所にカフェや喫茶店を指定することは可能です。


保険の話はプライベートな話題となるので、リラックスして話しやすい場所を選びたいですよね。


なお、カフェや喫茶店の他にも

  • 自宅
  • 相談者の職場
  • 保険代理店事務所
  • ファミレス
を選んでいる人が多いので、人それぞれ都合の良い場所で相談を受けている印象を持ちますね。

割合としては、自宅とカフェを選ぶ人はそれぞれ4割ずつなので、ほとんど変わりません。

つまり、自宅を指定する人と同じぐらいカフェで保険相談をする人が多いと思っていてください。

あなたにとって話しやすい場所を選ぶことが一番です。

カフェや喫茶店、ファミレスなどで保険相談をするデメリットとは?

カフェや喫茶店で保険相談をするメリットとして、保険屋さんに気を遣うことなく自分のペースで話を切り上げられることを解説していきました。


自宅で話すよりも、余計なことを気にせずにお話ができるように思いますよね。


一方、下記のデメリットも存在します。

  • 他のお客さんに会話を聞かれる可能性がある
  • 飲食代金の支払い費用がかかる
これは、場所にもよりますが、プライベートな話題の保険の話を他人に聞かれることに抵抗を感じる人も少なくありません。

①他のお客さんに保険屋さん(FP)との会話を聞かれる可能性がある

1つ目は、他のお客さんに保険屋さんとの会話を聞かれる可能性があることです。


これは、カフェや喫茶店の性質上、近くに他人が座っていることは仕方ありません。


そのため、抵抗がある人は別の場所で相談することをおすすめします。


保険の話は、家族関係や過去の既往歴など、プライベートな話題に及びますよね。


このような話題を他人に聞かれたくないものの、カフェや喫茶店での相談を希望する人は、人が少ないお店や他人との距離が離れている席を指定することで回避できます。

②飲食代金の支払い費用がかかる

2つ目は、飲食代金の支払い費用がかかることです。


カフェで保険相談をする場合、飲み物一杯だけでも注文しなければなりませんよね。


また、相談時間が長引くと、飲み物を追加せざるを得ない場合も考えられます。


自宅であれば飲食費用は不要であるものの、カフェの場合はどうしてもお金がかかってしまうことがデメリットです。


しかし、場合によっては保険屋さんがお金を支払ってくれることもあるので、臨機応変に対応してください。

カフェや喫茶店で保険屋さん(FP)に保険相談をするメリット

カフェや喫茶店でも保険相談ができることを解説しました。


自宅が遠方であれば、職場近くのカフェで面会をした方が都合の良い人もいらっしゃると思います。


実際に、カフェや喫茶店でFPに保険相談をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。


具体的には、

  • お茶出しや掃除の必要がない
  • FPを自宅に招き入れなくて済む
  • 保険営業を遮り自分のペースで終了できる
の3点がメリットなので、場所を決める際のポイントとして押さえておきましょう。

①保険屋さん(FP)が家に来ることがないのでお茶出しや掃除が必要ない

1つ目は、お茶出しや掃除の必要がなくなる点です。


自宅への訪問保険相談となると、事前に掃除をしてきれいにしようと気を遣うでしょう。


また、保険屋さんに出すお茶やお菓子を用意しておかなければならないと思ってしまいますよね。


実際、保険屋の立場からすると、部屋の整然さやお茶の有無は気にしないものの、来てもらう立場からすると気になってしまうでしょう。


その点、カフェで保険相談をする際には、部屋の掃除とお茶出しに気を遣わなくて済むので負担が減りますね。

②女性は特に!知らない人(保険屋さん)を自宅に招き入れなくて良い

2つ目は、保険屋さんを自宅に招き入れなくて済むことです。


特に女性は、知らない人を自宅に上げることに抵抗がある人が多いと思います。


保険屋さんのように素性が知れている人であっても、どのような人が家に来るかは当日までわからないので、不安に思いますよね。


その点、カフェで保険相談をする際は、公共の空間で面会できることがメリットです。


他人の目がある場所なので、初対面の保険屋さんとも抵抗なく話ができるでしょう。


このように、自宅に招き入れないこともメリットです。

メリット③しつこい保険営業をされた場合、自分のタイミングで帰れる

3つ目は、しつこく保険営業をされてもあなたのタイミングで話を中断して帰宅できることです。


保険屋さんによっては、望んでいない営業をしつこくしてくる人がいることも事実です。


自宅で相談をする場合は、保険屋さんに帰ってもらう労力が必要なので、人にものを言うことが苦手な人は疲れてしまうでしょう。


しかし、カフェで保険相談をすれば、自分の好きなタイミングで話を切り上げられます。


そのため、しつこく保険営業をされても「この後用事があるので帰ります」と言って話を中断すれば、営業を受けずに帰宅できます。

カフェや喫茶店などで保険相談をする際の持ち物と事前に準備しておくこと

カフェや喫茶店などで保険相談をする際には、事前に用意しておくものがあります。


必ず持っていくことをおすすめするものは、保険証券です。


保険証券には、加入している保険の内容が記載されているため、現在の保障内容の見直しや追加で保険に加入する際に役立ちます。


保険屋さんも、あなたの保険証券を見ながら提案を進めるため、万が一紛失した場合は保険会社に再発行を依頼して相談前までに用意しておきましょう。


また、具体的な保険への加入意思がある場合には

  • 身分証明書(運転免許証、健康保険証など)
  • 印鑑
  • 口座番号がわかるもの
  • クレジットカード
が必要です。

これは、保険の契約時の本人確認や、保険料の支払い方法を決める上で役立ちます。

この他の持ち物は、
  • A4の書類が入るバッグ
  • 健康診断の結果
  • 筆記用具
  • メモ帳
です。

保険相談の際には、保険屋さんから提案書を受け取ることが多いため、書類が入るバッグを持っていくことをおすすめします。


また、健康診断の結果を提出すると、保険屋さんからの提案に役立ちます。

さらに、筆記用具やメモ帳があると、大切なことを書き記しておけるので帰ってから役立ちます。

カフェや喫茶店などで保険相談をする際に注意したいこと

カフェや喫茶店で保険相談をする際には、どのような点に気を付ける必要があるのでしょうか。


マナーが良いと、プランナーもどんどん提案を進めたくなるので、有意義な時間を過ごせるように思います。


下記では、気を付ける点について

  • 待ち合わせ時間に遅れない
  • 相談時間を2時間は確保しておく
  • 1回の相談だけで加入を決めなくて良い
の3点を解説していくので、実際の相談前に頭に入れておきましょう。

ファイナンシャルプランナーとの待ち合わせ時間に遅れない

1つ目は、ファイナンシャルとの待ち合わせ時間に遅れないことです。


特に初対面の場合は、お互いを把握できていないため、時間に間に合ってもなかなか巡り合えないことがあると思います。


時間に遅れてしまうと、お互いに後の予定に響いてしまうため、せっかくの相談時間を有意義に使用できません。


待ち合わせ時間に遅れないようにするためには、お店の前で待ち合わせをするとスムーズに行き会えます。


場合によっては、ファイナンシャルプランナーが先に席を取っていてくれることもあるため、時間には遅れないように気を付けましょう。

保険相談の時間は短くても2時間程度はかかると思っておく

2つ目は、保険相談の時間は短くても2時間程度はかかると想定することです。


保険について悩んでいることや、それを受けた提案を込みで考えると、平均2時間はかかると思っていてください。


そのため、時間を組むときには余裕を持って2時間確保しましょう。


2時間と聞くと、長いように思う人もいるでしょう。


しかし、話をしていると意外にもあっという間に過ぎてしまいます。

1回の相談だけで保険加入する必要はない

3つ目は、1回の相談だけで保険に加入する必要はないことです。


「何回も保険屋さんに時間をとってもらうのは悪いので、1回で加入を決めないと」と思っている人がいると思います。


しかし、1回で保険を決める人の方が半数よりも少ないので安心してください。


一般的には、初回は相談者の抱えている悩みを把握し、2回目以降から具体的な商品の加入検討をすることとなります。


そして、半数以上の人が3回以上保険相談に時間を費やしているのです。


保険は大きな買い物なので、焦らずゆっくり決めていきましょう。

保険相談をするカフェや喫茶店を選ぶ際のポイント

カフェや喫茶店は街中どこにでもありますが、保険相談に適した場所を選ぶことをおすすめします。


具体的に選ぶと良いとされるカフェや喫茶店は、

  • 他の席とのスペースが広いお店
  • 静かで落ち着いて話せるお店
です。

保険相談は、現在加入している保険の内容や過去の既往歴、家族の話など込み入った話になりますよね。

他人には聞かれたくない話もあると思うので、他の席とのスペースがあると落ち着いて話ができます。

また、混雑している雰囲気は相談がしにくくなるのでなるべく避けましょう。

人が少ない時間は、午前中の10時頃や午後の2時頃です。

せっかくの保険相談を有意義に過ごすためには、居心地が良くて話しやすい雰囲気のお店を選ぶことがポイントです。

カフェや喫茶店で保険相談をした場合、お礼として飲食代を支払うべき?

カフェや喫茶店で相談をした際には、ファイナンシャルプランナーの分の飲食代を支払った方が良いのでしょうか。


ご自身のために出向いてもらったので、お礼として支払うべきなのかと思われる人も多いでしょう。


結論から述べると、飲食代の支払いに関しては保険会社の決まりに従うことになります。


会社によって、相談者が支払いをすることとなっていたり、ファイナンシャルプランナーが支払いを済ませることが定められています。


そのため、ファイナンシャルプランナーの分の飲食代は特に気にしなくて良いです。


大事なのは、支払い方法よりも保険相談の内容です。


与えられた時間を有効活用して、内容の濃い話ができることの方が大切なので、まずは相談する内容をまとめておきましょう。

実際にカフェや喫茶店で保険相談をした方の体験談・口コミを紹介!

この記事を読んでいて、カフェや喫茶店で保険相談をしてみたいと思われた人が多いと思います。


自宅よりも気を遣うことが少ないことが、最大のポイントですよね。


それでは、実際にカフェや喫茶店で保険相談をした人の体験談や口コミをご紹介します。


想像しているイメージをより膨らませるために、ご紹介する体験談を参考にしてみてください。


※クラウドワークスで調査

周りを気にせず相談できた

小さい子供がいるので、店舗などに連れて行くのに躊躇して相談できずにいたのですが、自宅でも相談できるサービスがあったので予約してみました。日程調整もスムーズにしてくれて、自宅でゆっくり相談できたので周りの目も気にならずとても良かったです。

カフェや喫茶店で相談できる(外で会う)保険相談サービス一覧


自宅以外の保険相談場所として、カフェや喫茶店を指定する形が増えています。


どのような保険相談サービスが、外での相談に対応しているしょうか。


外で会う保険相談サービス一覧を、リストにまとめました。

  • ほけんROOM
  • 保険相談ナビ
  • 保険カフェ
  • 保険相談ニアエル
  • 保険ショップマンモス
  • 保険デザイン
  • 保険見直し本舗
  • 保険GATE
  • マネードクター
  • ナビナビ保険
上記のサービスは、相談場所にカフェや喫茶店を利用できます。

ご自身で店舗に行くのを面倒だと感じる人や、外出を避けている人は、上記の無料保険相談サービスがおすすめです。

今回ご紹介したサービスは、スマホから予約が取れるのでぜひ活用してみましょう。

参考:家に来る?外で会う?あなたに合う保険相談の場所はどこ?

カフェや喫茶店で保険相談をするメリットは、想像がつきましたか。


自宅以外の場所で会うと気疲れをしないメリットがあるものの、そうは言っても指定された場所に行くことが面倒だと思う人もいるでしょう。


また、事情で自宅への訪問型保険相談を希望される人も少なくありません。


訪問形態は向き不向きがあるので、

  • カフェや喫茶店での保険相談がおすすめな人
  • 自宅訪問型保険相談がおすすめな人
  • オンライン型保険相談がおすすめな人
  • 直接来店型の保険相談がおすすめな人
の4点を解説していきます。

カフェや喫茶店での保険相談がおすすめな人

カフェや喫茶店での保険相談をおすすめするのは、自宅に他人を招き入れたくない人です。


特に一人暮らしの女性は、普段から自宅には安易に知らない人をいれないように工夫していると思います。


いくら身元が知られている保険屋さんとはいえ、自宅に招き入れるのに抵抗がある人は多いでしょう。


その場合は、カフェや喫茶店などを利用することをおすすめします。


万が一しつこく営業されても、あなたのペースで帰宅できることがメリットです。

自宅訪問型保険相談がおすすめな人

自宅訪問型保険相談をおすすめするのは、他の場所に出向くのに抵抗があり、他人に話を聞かれたくない人です。


別の場所を指定すると、その場所まで出向かなければならないため、なるべく外へ出たくない人は自宅に訪問してもらいましょう。


なお、自宅で相談をすれば、プライベートな話題を他人に聞かれずに済むので、込み入った話をしやすくなります。


他人に気を遣わずに、保険の話題をじっくり話せることが自宅訪問型保険相談のメリットです。

コロナの心配なし!オンライン型保険相談がおすすめな人

オンライン型保険相談をおすすめするのは、新型コロナウイルスが心配な人です。


コロナウイルスの感染を避けるために、なるべく外出を控えたいですよね。


そのときは、最近頻繁に活用されているオンライン型保険相談を利用してみましょう。


これは、パソコンやスマートフォンから簡単に接続できるので、全国どこにいても保険相談ができる優れたサービスです。


自宅から遠方にいるプランナーと話ができるので、人との接触を避けられることから、新型コロナウイルス感染の心配もありません。

保険ショップなどへ直接来店型の保険相談がおすすめな人

保険ショップなどへの直接来店型の保険相談をおすすめするのは、自分の都合に合わせて保険相談をしたい人です。


近年、ショッピングモールに併設されている保険ショップが増加しており、夜9時頃までと長く開店している傾向が見られます。


そのため、買い物ついでや仕事帰りに保険相談をしたいと考えている人には、直接来店型の相談をおすすめします。


なお、お店によってはキッズスペースを設けているので、小さい子どもを同伴できることも利点があります。

相談の質は相談場所・方法に左右されないので安心してくださいね!

まとめ:カフェや喫茶店での保険相談は席の間隔や代金の支払いに注意

この記事では「カフェや喫茶店で保険相談はできるのか」について解説していきましたが、いかがでしたか。


記事の要点は、

  • カフェや喫茶店でも保険相談ができる
  • 自宅に招き入れないため、掃除とお茶出しの心配がないことがメリットである
  • 一方、個人的な会話を他人に聞かれる可能性のあることがデメリットである
  • 飲食費用は、自分か保険会社が支払うこととなるが、まずは相談内容をまとめることが大切
  • カフェなどでの相談に向いているのは、他人を自宅に招き入れたくない人 
の5点です。

自宅に他人を入れることに抵抗があったり、掃除やお茶の用意を面倒に感じる人は、積極的にカフェを利用して保険相談をしましょう。

必要な持ち物さえ忘れなければ、来店型店舗や自宅と変わらない雰囲気でお話ができます。

おすすめの記事