人気保険相談おすすめ評判・口コミ比較ランキング



著者:田中さん

人気保険相談口コミ・評判おすすめランキング比較表

こちらのページはエキサイト保険レビューガイドラインに基づいて作成されています。


商品モニターを実施し、実際の利用者の口コミの評価をまとめました。


窓口名一言でまとめると利用者の評価詳しく
マネーキャリア
使いやすさ、保険相談の満足度全て最高でした98点詳細
保険見直しラボ
相談員の方が非常に好印象でした95点詳細
マネードクター
スタッフさんの対応が素晴らしかったです95点詳細
保険マンモス
スタッフさん、相談員の方の対応が少し不満でした82点詳細
ほけんのぜんぶ
正直がっかりしました。。53点詳細

保険相談の質を重視するならマネーキャリア

保険相談の質を重視するならマネーキャリアがおすすめです


マネキャリ

マネーキャリアの相談員の質はピカイチです。

その理由は、マネーキャリアはプレゼントキャンペーンをおこなっていないからです。


なぜプレゼントキャンペーンを行っていないと相談員の質が良くなるのか以下で解説します。


まず前提としてプレゼントキャンペーンを開催すると一定数プレゼント目的の人もお客様の中に混ざります。

保険相談員は相談の結果、お客様に保険に加入してもらうことで収入を得ることができるので、保険に加入する可能性の低いプレゼント目的のお客様とは面談したくないわけです。


そのため、プレゼントキャンペーンをおこっていないマネーキャリアのお客様は全員保険に加入する意欲が強いお客様

つまり相談員からするとぜひ面談したいお客様ばかりということになるわけです。


そのため、お客様に最適な保険を選んであげたいという優秀な相談員ほどマネーキャリアのお客様と面談したいということになります。

一方、マネーキャリアとしてもお客様の満足度をあげてできるだけ良いサービスにしたいという思いがあるので、優先的に評判の良い相談員にお客様を紹介するというわけです。


わかりやすくまとめると以下になります。


相談員側:キャンペーン目当てのお客様は回されたくない

マネキャリ側:お客様の満足度を高めたいので、優秀な相談員にお客様を紹介したい


マネキャリの保険相談の質が高い理由

マネキャリの保険相談の質が高い理由


このように相談員側とマネーキャリア側の思惑が一致するため、マネーキャリアで相談すれば満足度の高い保険相談ができるのです。


マネーキャリアでの相談はこちらから

保険相談のプレゼントの豪華さを重視するなら保険見直しラボ


保険相談のプレゼントの豪華さを重視するなら保険見直しラボがおすすめです

保険見直しラボのプレゼントキャンペーンの内容は他の保険相談窓口と比較してもトップクラスに豪華です。


以下が保険見直しラボと代表的な保険相談窓口のプレゼントキャンペーン内容を比較したものです。

保険窓口プレゼントキャンペーン内容
保険見直しラボ
・特Aランク 北海道産 ゆめぴりか

・雪室 熟成豚 ロース味噌漬け

・DALLOYAU PARIS マカロン詰め合わせ

・宮城県仙台名物 熟成牛タン

・オーガニック アルガンオイル

・天明7年創業 日本一醤油セット
ほけんのぜんぶ・アンパンマン砂場セット

・ごっつん防止リュック

・北海道産 ゆめぴりか米 2kg

・い・ろ・は・す天然水

・期間限定 アサヒスーパードライ

・トップスーパーナノックス 洗濯洗剤 
保険マンモス・高級和牛専門店 季月

・キサラギ 国産牛 切り落とし400g

・山形県ブランド米 つやひめ 1kg

・今治タオル メルシージャポン タオルセット

・イベリコ豚 ベジョータ バラ(しゃぶしゃぶ用)スライス300g
保険見直し本舗新潟産 新之助 2合分(300g)
保険コネクト・鳥ZEN亭 手羽元カレー(3食)

・王将 ラーメン 醤油と塩の2種セット(3袋)

・ミネストローネセット(3食)

・豚汁セット(3食)
保険無料相談ドットコム・丸大ハム 燻彩セット

・新潟県産コシヒカリ 2kg

・アサヒスーパードライギフト 8本

・利久の牛たん 真空パック 110g(塩味)

・仙台銘菓 萩の月(6個入り)

・DALLOYAU PARIS マカロンラスク詰め合わせ(12枚)

・セレブコレクション バームクーヘン

・ムーミン レンジ容器 6点セット

・ハルテン プロフェッショナルジェル 100g

・日本赤十字社への寄付(1,000円) 
ほけんのじかん・北海道産 ゆめぴりか米 2kg(精米)

・天然醸造濃口醤油 900ml

・エキストラヴァージンオリーブオイル 250ml

・今治フェイスタオル 4枚セット(ブルー・グレー・レッド・グリーン) 


実際のプレゼントにかかっている金額は発表されていませんが、プレゼント内容を見るに1,000~2,000円程度の商品を無料でもらえると考えて良いでしょう。  


しかし、

豪華さでいったら他の保険相談窓口も豪華なところあるし、保険見直しラボじゃなくてもいいんじゃないの?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。


確かにキャンペーン内容だけでいったら「保険無料相談ドットコム」や「ほけんの時間」も負けていないような気がしますよね


ただ、保険見直しラボをおすすめする理由はもう1つあるんです。

それは、キャンペーンが豪華な保険相談窓口の中では一番保険相談の質が高いこと。

なぜ保険相談の質が高いかというと、保険見直しラボ自体が保険代理店業務を行っているからです。


ほとんどの保険相談窓口はお客様の要望を聞いた後、保険加入手続きを行うことができる保険代理店にお客様を紹介します。

保険代理店の取り扱い保険会社(加入できる保険会社)はそれぞれ異なるので、紹介される代理店によっては実際に相談してみると10~20社しか加入できないなんてこともあるんです。


その点、保険見直しラボは保険加入手続きまで一気に行うことができるので、ほぼ全ての相談員が32社の保険商品を取り扱うことができ、より多くの選択肢からあなたに最適な保険を選んでくれるんです。


保険見直しラボの相談はこちらから

人気保険相談口コミ・評判おすすめランキング


今回ご紹介する保険相談窓口は保険会社の出資を受けていない(保険会社と資本関係にない)もののみに厳選してあります。

なぜ保険会社に出資を受けていない保険相談窓口のみにしたんですか?

保険会社からお金の援助を受けている保険相談窓口その保険会社の保険商品を積極的に販売しようとしている可能性があります。

つまり、中立な立場で相談に乗ってくれない可能性があるということです!



参考:一般社団法人JA共済総合研究所



このページでは普通ネットには出ていない裏情報まで掲載しています!


気になった保険相談窓口があったらぜひチェックしてみてくださいね!


一番おすすめの保険相談窓口を確実に検証するために、今回商品モニターを実施しました。

実際に大手5社の保険相談窓口で保険相談した人の評価とレビューをまとめました。

今回ご協力いただいた方のプロフィールはこちらになります


利用者プロフィール

ニックネーム
みっち
職業車ディーラー
居住地奈良県
家族構成夫、子供二人
写真


1位:マネーキャリア



田中さんが1位にしていたマネーキャリアがモニター調査でも第一位に輝きました。

やはり、予約のしやすさスタッフ、相談員が好印象だったようです。

相談員の印象の良さ・話しやすさ(クリック!)
予約システムの使いやすさ(クリック!)
スタッフの対応の良さ(クリック!)
相談のスムーズさ(クリック!)
相談の満足度(クリック!)

同率2位:保険見直しラボ



保険見直しラボは保険相談員の対応が好評でした。
保険見直しラボは自社で相談員の育成も行っており、その甲斐あって相談力が評価されたようです。
相談員の印象の良さ・話しやすさ(クリック!)
予約システムの使いやすさ(クリック!)
スタッフの対応の良さ(クリック!)
相談のスムーズさ(クリック!)
相談の満足度(クリック!)

同率2位:マネードクター



マネードクターは特にスタッフの対応が評価されました。
もちろん相談のしやすさ自体も非常に好評です。
相談員の印象の良さ・話しやすさ(クリック!)
予約システムの使いやすさ(クリック!)
スタッフの対応の良さ(クリック!)
相談のスムーズさ(クリック!)
相談の満足度(クリック!)

4位:保険マンモス




相談員の印象の良さ・話しやすさ(クリック!)
予約システムの使いやすさ(クリック!)
スタッフの対応の良さ(クリック!)
相談のスムーズさ(クリック!)
相談の満足度(クリック!)

5位:ほけんのぜんぶ




相談員の印象の良さ・話しやすさ(クリック!)
予約システムの使いやすさ(クリック!)
スタッフの対応の良さ(クリック!)
相談のスムーズさ(クリック!)
相談の満足度(クリック!)

保険相談のプロが選んだ!人気保険相談おすすめランキング比較表



僕が把握している各社の特徴と各保険相談窓口の評価をまとめました
窓口名特徴田中さんの評価詳しく
マネーキャリア

オンライン相談可能

・相談員の数は業界トップクラス

・相談員はベテラン揃い

95点詳細
保険見直しラボ・最大31社の保険商品を比較可能90点詳細
保険見直し本舗全国に店舗あり87点詳細
保険マンモスプレゼントで国産牛・ブランド米などがもらえる80点詳細
マネードクタープレゼントで野菜生活・味噌などがもらえる81点詳細

【目的別】あなたにおすすめの保険相談窓口を5秒で診断


自分にあった保険相談窓口が簡単にわかるツールを作ってみました!


保険のプロが選ぶ!保険相談おすすめ人気比較ランキング

1位:マネーキャリア:オンライン相談特化の保険相談サービス


まずご紹介するのが「マネーキャリア」です。 
こちらの無料相談窓口は国内でも最大級のオンライン相談窓口と言われており、お客様満足度は93.2%と高くほとんどのお客様が満足していらっしゃいます。 

オンラインでも相談に特化していて、わざわざ店舗に出向く必要性がなく自宅でリラックスしながら相談可能です。また、当日までの事前確認・本人確認もチャットで済ませられるため、小さなお子様がいて忙しかったりする方にはとても嬉しいサービスですよね。 

また、16社に所属する3,000名以上の専門家のなかから選び抜かれた評価の高い保険のプロとマッチングしてくれます。 

なお相談員は全員ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っており、保険のことはもちろん住宅ローンや資産運用の専門知識も持ち合わせていますので、必要に応じて保険以外の相談も可能です。 

さらに相談に納得がいかなければ、何度でも相談することができます。
 
もちろん何度相談しても料金は無料です。 

保険相談で失敗したくないという方は、ぜひマネーキャリアで無料相談してみてください!                     

評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

親身になって提案してくれた

はじめは無料保険相談に対し、本当に強引な勧誘が無いのか心配でした。

しかし、マネーキャリアのFPさんは、私の家庭に合った保険を親身になって提案してくれて、最後まで勧誘が無く気持ちよく相談することができました。

また、相談内容を参考にして保険の契約内容を見直したのですが、無駄な保障を無くすことで保険料も安くなり大満足です。

また何かあればお願いしたいです。 

2位:保険見直しラボ


次に「保険見直しラボ」ですが、こちらの無料保険相談窓口はオンライン相談と対面相談と選択することができます。予約も24時間いつでもホームページから申し込むことができます。 

保険見直しラボの相談員は業界の経験年数が高いところが特徴的で、安心して保険について相談することができます。
 
なお「イエローカード制度」を設けており万が一失礼が合った場合や無理矢理な営業があった場合に相談員の変更も可能です。 

さらに対面相談の場合、ご自身で指定した場所まで出張してくれるサービスもあります。加えて、全国に70箇所以上の拠点を設けています。 

お客様満足度は96%と非常に高く、保険の相談をしてよかったとほとんどの方が思っているようです。 

また、1,000円程度のプレゼントキャンペーンも行っているので、無料で保険相談するついでにお土産も欲しい!という人はぜひ保険相談してみてください。

↓↓↓クリック↓↓↓
保険見直しラボでもらえるプレゼント

評判・口コミ

※クラウドワークスで調査


>>他の口コミを見る

強引な勧誘なし

保険の新規加入をしたくて相談しましたが、わかりやすい説明で私に合った保険を見つけてもらえて本当に良かったです。

様々な保険と比較して選べたので、本当に満足する保険に加入することができました。また実際に強引な勧誘はありませんでしたが、「イエローカード制度」があるということも相談を安心して行える理由の一つだったと思います。 

3位:保険見直し本舗


次に「保険見直し本舗」ですが、こちらの保険相談窓口ではお店で対面相談をすることができます。 

また保険の提案や見積もり・相談が何度でも可能なので一度の相談で保険を決めなければならないプレッシャーもありません。
さらに平日だけでは無く土曜・日曜にも相談ができるため平日は仕事で忙しい方にも優しいです。 

保険見直し本舗で取り扱っている保険会社は45社で、そのなかからご自身にあった保険を提案してくれます。  
もちろん保険料をなるべく抑える方法も合わせて紹介してくれますので心強い保険相談窓口です。 

評判・口コミ 

※クラウドワークスで調査

説明が分かりやすかった

いままで保険について難しいイメージを持っていましたが、こちらのFPは非常に分かりやすい説明で保険の仕組み、保険料を抑えるコツについて説明してくれたので、納得して保険選びをすることができました。 こちらの質問にも気持ちよく答えてくれますし、一般的に人気な保険商品でなく私の家庭に合った保険商品を選んでくれる点が、保険相談をする最大のメリットだと思います。 

4位:保険マンモス


日本初の保険の相談窓口として有名なのが「保険マンモス」です。その店舗数は全国2,000店舗以上です。 

専任のファイナンシャルプランナーの方がご自身のライフスタイルや将来の希望に合わせたライフプラン表を作成します。そのリスクに伴う保障金額を求めることで過不足のないいつよう最低限の保障金額を算出することができるのです。 

しかし、なかには漠然とした人生設計しかないという方もいらっしゃいますよね。その場合でも心配はいりません。その状態でも親身になり一緒にライフプランについて相談できます。 

保険に加入後もライフスタイルが変わった、住宅を購入した、子どもが産まれたなどのライフスタイルが大きく変わるタイミングなどで保険の見直しもできますので安心です。 

評判・口コミ 

※クラウドワークスで調査

自分で保険を選ぶより絶対にいい

ライフプランについて漠然としたイメージしか持っていませんでしたが、今回の相談を通してしっかりと自分の人生を考え直すことができたと思います。それに合わせた保険選びをすることができたので大変満足です。今後のことはどうなるか分からないので、素人が適当に考えてみるのではなくプロに相談して人生設計を考えてみることが大切だと考えました。

5位:マネードクター


マネードクターではファイナンシャルプランナーが保険の相談はもちろん、貯蓄方法・相続対策・子どもの教育資金の準備方法などお金に関する全てのことを相談することができます。 

人生においてライフステージが変わる時にお金についてとても考えるようになります。その時に相談するべき相手がお金のプロであるファイナンシャルプランナーの方々です。 

そのほかにも日常からできる節約の方法なども提案してくれますので、気軽に相談することができます。 

マネードクターはオンライン相談と対面相談と選ぶことができます。対面相談ではご自身のお好きな場所を選択することができファイナンシャルプランナーの方が出向いてくれますよ。 

評判・口コミ 

※クラウドワークスで調査

家計相談にものってくれた

保険の相談だけでなく、家計の相談に乗ってもらえてとてもよかったです。プロの目線から家計について意見を出してもらえる機会はとても貴重だと思うのですが、無料でしてもらえるなんて本当にお得だと思いました。FPの方も非常に人柄がよく、こちらのことを本気で考えてくれているのが伝わってきました。
保険ショップ(来店型保険相談)を利用したいという人はこちらのページを読んでみてください!

【振り返り】保険相談のプロが選ぶおすすめの保険相談ランキング1位は?オンライン相談も可能

おすすめポイント

1.保険相談員の質が高い

2.保険相談の予約がLINEで可能

3.オンライン相談も可能

保険相談で知っておくべきこと全部まとめました


おすすめの無料保険相談窓口にはどのようなところがあるのかがだいたいわかってきたと思います。 

しかし、どのように窓口を選べばいいのか、保険相談の際に注意すべきことは何なのかまだわかりませんよね。  

ポイントは主に3つあります。 
  • 株主に保険会社がいないこと 
  • 保険商品の取り扱い数 
  • 保険相談の満足度を公表している、満足度が高い 
1つずつ詳しく解説していきます。 

株主に保険会社がいないかチェック!

保険の相談窓口で魅力的なのは様々な保険会社の保険商品を中立の立場でアドバイスしてもらえる点ですが、株主に保険会社がいる場合には気をつけなければいけません。 

その理由は、相談窓口側が株主側の保険会社からその保険商品を強く勧められる可能性があるためです。 

こうなってしまうと平等に判断されていないためご自身にあったベストな保険ではなくなってしまいます。
 
そのため、保険相談窓口のホームページなどで保険会社が株主がいないことをチェックしておくことをおすすめします。 

さらに保険相談窓口は保険商品を売ることによって、その手数料を利益としておりますので無理に手厚い保障内容の保険などを勧めて来る場合もあります。 

その場合にも流されずにきちんと断ることが大切です。 

保険商品の取り扱いが多いかチェック!

次のポイントが保険商品の取り扱いが多いことです。せっかくならば様々な保険商品と比較してベストな保険を選びたいものですよね。 

また保険商品が少ないと加入したいと思っていた保険商品を取り扱っていない場合も出てきます。
 
どのような保険商品を扱っているかはホームページからでも確認することができますので事前に確認するのをおすすめします。 

できるだけ幅広い保険商品を扱っている方が、自分の希望に沿った保険に加入しやすいのでこの点は非常に重要と言えるでしょう。 

保険相談の満足度を公表している&満足度が高いかチェック!

次のポイントは保険相談の満足度公表していることです。相談窓口を選ぶに当たって口コミや満足度はかなり重要なポイントになりますよね。 

満足度の高い保険相談窓口では比較的、ホームページなどで公表していることが多いです。さらに口コミなども合わせて拝見することができますので大変参考になると思います。 

目安として、お客様満足度が90%を超えている保険相談窓口おすすめできると言えるでしょう。 

逆にお客様満足度を公表していない、口コミが見つからない場合にはもしかすると対応やサービスがきちんとしていない可能性があります。
 
そのため心配な方は、高い満足度をきちんとアピールしている保険相談窓口を利用すると良いでしょう。 

保険相談の主な形式は3種類(来店型、訪問型、オンライン型)

では保険相談はどのようにどこで行われるのでしょうか? 
保険相談の主な形式には 

  • 来店型(店舗に足を運ぶ) 
  • 訪問型(自宅やカフェなどで待ち合わせをする) 
  • オンライン型(ネット上で相談する) 

以上の3種類があります。 
いずれも特徴がありますので解説していきます。 

なかでも最近では場所を選ばないオンライン相談が増えていきています。 

1番おすすめはオンライン型 

ご紹介する3つのなかでもおすすめなのがオンライン型の保険相談です。 

自宅にいながら保険の相談ができるのでわざわざ外出することもなく便利なシステムです。また以下のような悩みを持った方々にもおすすめです。 

  • 店舗に行く時間がない 
  • 近くに店舗がない 
  • 小さい子どもがいる 
  • 自宅への訪問相談に抵抗がある 

さらに実際にファイナンシャルプランナーに相談できるのでパンフレットを見ただけではイマイチわからないという方にも人気があります。 

オンライン型のメリットは場所を選ばないので、どこでも相談が可能な点と、相談したい窓口の店舗が近くに無くても相談したい窓口で相談が可能な点です。 

しかし、オンラインではしっかりと保険の相談ができるのか心配な方もいらっしゃるかと思います。その点については後の体験談などで詳しく解説しています。 

資料などをみながらしっかり相談したい人は訪問型がおすすめ 

きちんと資料などを見ながら相談したい方には訪問型の保険相談がおすすめです。
基本的に場所はご自身の希望する場所で行えるのが便利な点です。 

職場やカフェ、レストランなどご自身のお好きな場所を指定することができます。 

子育てや介護で外出が難しい場合には自宅への訪問も可能なのでわざわざ外出することも無くて済みます。しかし自宅への訪問に抵抗がある方にはあまりおすすめできません。 

また時間の調整がしやすいため時間の余裕が少ない方でも利用しやすいです。平日だけではなく土日も相談の対応してくれるところもあります。 

しかし相談窓口によっては訪問できない地域も存在しますので、その点は注意が必要です。 

なぜ来店型はおすすめできないの? 

この3つのなかであまりおすすめできないのが来店型の保険相談です。 
その理由はわざわざ店舗まで足を運ばなくてはいけないのと、店舗の営業時間も限られているためです。
 
またコロナが流行しているなか、多くの人が出入りする場所で話をするのは抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。 

さらに、相談ブースが近い場合には他人に聞こえてしまう、プライバシーの面も気になるという人も多くいます。
 
以上の点を踏まえると、訪問型かオンライン型での保険相談がおすすめと言えるのです。  

保険の見直しで保険相談をするべき時期・タイミング


保険の見直しと言ってもどのタイミングでするものかわからない方も多いと思います。


結論から述べると、どの時期・タイミングであっても保険の見直しはすべきです。


ここでは、

  • 保健を見直すべき理由
  • 保険の見直しタイミング

以上の2点について解説していきます。


保険を見直す理由

そもそも保険を見直す理由とはどこにあるのでしょうか。


それは大きく分けて2つあります。

  • 必要な保障のある保険かどうかを確認するため
  • 保険料を抑えられるかを確認するため

必要な保障かどうかを確認する
基本的に保険はリスクに備えるものです。

1つ目の自分に必要な保障が含まれているかという点に関しては、子供が大人になり自分1人の生活が保障されれば良いということであれば、それまで加入していた保険の内容は不要になる部分があります。

そういった今の自分に本当に必要な保険かどうかを見つめ直すためにも保険の見直しは重要になります。

保険料を抑える
2つ目の保険料を抑えるという点に関しては、上記で説明した子供が自立した場合など、必要ない保障分の保険料を抑えることが可能です。

保険商品は新しいものが出て自分により合った商品を探すことや、そもそもの保険金の設定額を今までほど必要ない場合は、保険料を抑えることができるのでそういった部分でも保険の見直しをするべき理由はあります。

保険見直しのタイミング

 保険の見直しのタイミングは、冒頭でも説明した通りいつしても問題ありません。


ただ、保険の見直しとしておすすめするタイミングをいくつか紹介していきます。

  • 結婚
  • 妊娠前
  • 住宅の購入
  • 子供の自立

結婚
結婚をした際には必ずお互いが加入している保険を確認しましょう。

保険の受取人の設定などで自分に何か起こった時に、配偶者など家族の生活に支障が出ない形を取るのが望ましいです。

妊娠前
妊活を始める前にも保険の見直すをすることをおすすめします。

妊娠発覚後だと新たに保険に加入することが難しかったり、必要とするものが不担保になったりするケースが多いです。

帝王切開、切迫早産などの「異常分娩」となるケースも考慮してパートナーと保険の見直しをするべきタイミングだと言えます。

住宅の購入
住宅を購入する際の住宅ローンを組むために必要となってくるのが、団体信用生命保険(団信)です。

団信は被保険者が死亡または高度障害状態になった場合、保険金によって未払い分のローンが返済される制度のことです。

団信に加入することで万が一のことがあっても残された家族は「住居費」を考慮する必要がなくなるため、保険金額を下げることが可能となります。

子供の自立
子供が自立するとそれまで必要だった教育費や生活費などのが保障をそれほど必要としないでしょう。

むしろ子供が自立した後は万が一のことがあった際に配偶者が問題なく生活できるかという視点で保険を組むことが重要となります。

老後についての考えを話し合う機会としても、こうした人生のターニングポイントを利用するといいでしょう。

保険相談窓口を利用する際の注意点


保険相談をする上で注意すべき事項はどういったことなのかを紹介していきます。

事前にどこに注意して保険の相談窓口を利用するべきかどうかを知っておくことで安心して保険相談が可能となります。

①:アドバイスを全て鵜呑みにしない

保険相談をすると今契約している保険ではない保険商品などを勧められる場合がありますが、その場で流されないようにしましょう。


保険を解約するとなると、解約返戻金が十分に受け取れない場合、大きな損を被る場合もあります。また、健康状態によっては新たに加入しようとしていた保険の審査が通らない可能性もあります。


保険相談に行く前に「その場で即決しない」など自分の中でルールを決めておくと流されやすい方でも心に余裕がある状態で相談できると思います。


ただ、実際に保険相談で無理矢理加入させようとするケースはほぼないと言えるため、そこまで気を張りすぎずリラックスして行くようにしましょう。


②:担当者によってスキルがまちまち

保険相談をする上で担当者に経験の差が出てしまうのは仕方のないことです。

しかし、保険に関しての知識を含め経験がものをいう場面もあるため、まだ歴の浅い方が担当者になった場合は不安になる方もいるでしょう。

保険という人生に大きく影響する部分だからこそ、不安を取り除き後悔しない選択をしたいという方は担当者を変えてもらうことも検討しても良いでしょう。

補足:注意すべきセールストーク集

ここでは保険相談をする際に、注意すべきセールストークを3つ取り上げます。

  • 「将来のあらゆる可能性に備えていきましょう」
  • 「こちらの保険のほうが、保障内容が良くなりますよ」
  • 「商品内容を理解するのは難しいですが、おすすめですよ」
以下で詳しく見ていきましょう。
将来のあらゆる可能性に備えていきましょう
保険は万が一に備えるためのものなので、将来を想定して保険に加入することは決して悪いことではなく、むしろ大切なことです。

しかし、例えばまだ生まれてもいないのに、「もし子供が生まれたら、子供の教育費は最大で2000万円かかる」などと言って無駄に不安をあおり、保険に加入させるといったケースが起こっているようです。

将来を想定するのは必要なことですが、すべての可能性に対応できる保険に加入していたらきりがありません。不必要な保険に加入しないためにも注意しておきましょう。
こちらの保険のほうが、保障内容が良くなりますよ

保険の保障内容はいいに越したことはありません。

ただここで加えて説明されるべきことは、保険を変えた場合の、メリットとデメリットの比較です。 


保障内容がたとえよくなっても、そのメリットを超える保険料負担になってしまったり、終身保障から定期保障になってしまっては元も子もありません。 

言葉巧みにメリットにだけ目を向けさせられて、デメリットを詳しく説明されずに加入させられるといったことにならないよう、注意する必要があります。

商品内容を理解するのは難しいですが、おすすめですよ

先ほども述べましたが、担当者によってスキルや知識はまちまちです。

このように言う担当者は、自分の保険商品に関する知識不足をごまかすために、詳しく説明しようとしていない可能性があります。 


またそうでなかったとしても自分が理解できていない保険には加入しないほうがいいですし、わかるように説明してもらえないのであれば、加入しないのが賢明です。

初めて保険相談をするときの悩み・疑問例



初めて保険相談をするときは、わからないことが多く、不安に感じている方も多いのではないでしょうか?


ここではよくある悩みや疑問例をいくつかピックアップしたので、参考にしてください。

保険相談の際に必要となる・準備しておくべきこと


保険相談をうまく進めるうえで、事前にやっておいたほうがいいことは、3つあります。
  • 加入・見直しの目的を明確化する
  • 自分の状況、予算などを整理する 
  • 事前に資料請求する
以下で説明していきます。


  • 加入・見直しの目的を明確化する 
まず保険の見直しで期待すること、目的を明確にしましょう。 

 「保険でこういったリスクに備えていきたい」、「これからこういったライフイベントがあるから保障が欲しい」など、なるべく具体的に明確にするのがポイントです。優先度順にリスト化しておくのもいいかもしれません。

 軸が決まっていなければ、勧められるがままに余計な保険に加入する可能性があるので、これは保険相談する際に非常に重要なことです。

  • 自分の状況、予算などを整理する
軸を決めた後は、今の自分の状況を整理することが、シュミレーションなどを行っていく上で大切です。

経済状況、予算限度、健康状態などによって、適切な保険は変わってきますので、必要な情報について質問に答えられるようにしておきましょう。

また状況整理においても、住宅ローン、月々の生活費、病院の通院歴、今の保険の保障範囲など、より具体的な整理をすることが必要な保険を見極めるためにも、ポイントになります。

現状を把握して、より具体的な提案やアドバイスを受けられるようにしましょう。

  • 事前に資料請求する
事前に資料請求して、気になる保険をピックアップしておくのもおすすめです。

基礎的な説明などの時間短縮にもなり、より質の高い保険相談にすることができます。また保険の比較検討を効率的に行うことができます。質問しておきたいことなどもまとめておくと、より良いでしょう。

保険相談は質を上げることがとても大事ですので、事前に資料請求して最適な保険に加入できるようにしましょう。

  • 補足:保険相談にもっていくべきもの
保険相談する際は、特に決まった持ち物はありませんが、契約で必要になる可能性のあるものはもっていったほうが得策です。いくつかピックアップしてみます。

  • 印鑑
  • 保険証券
  • 健康診断書
  • 本人確認書類
  • クレジットカードや通帳

またお店によって、必要なものは変わってくる可能性があるので、事前に問い合わせて確認してみてください。

相談者に何かデメリットはあるの?


保険相談のデメリットは主に3つあります。

  • 相談が有料である場合がある 
  • 保険会社の比較が煩雑になる場合がある 
  • 特定の保険会社を勧められることがある
それぞれ見ていきましょう。


  • 相談が有料である場合がある 

保険相談の場合、保険会社で相談する場合とは違い、相談料を取られる場合があります。

またその相談料も1時間で5,000円~30,000円と高いので、敷居が高いと感じる人もいるでしょう。

有料、無料の保険相談についての比較は、この記事の最後のほうに詳しくまとめてありますので、そちらをご覧ください。


  • 保険会社の比較が煩雑になる場合がある 

保険相談を利用する場合、保険会社の取り扱いが多いため、商品比較が煩雑になる可能性があります。

これはある程度保険の知識がある人にとっては、逆にメリットですが、保険の知識があまりない人には、どれがいいのかわかりづらくなってしまう可能性があります。

ただ、できるだけ選択肢を絞ってほしいなどの要望を事前に担当者に言えば、柔軟に対応してもらえると思いますので、そこまで気にする必要はないでしょう。


  • 特定の保険会社を勧められることがある
保険相談では、特定の保険会社を勧められることがあります。

その理由は、株主つまりオーナーである保険会社の商品を売れという指示が相談員に出ている可能性があるからです。 

 中立的な立場から保険を選んでほしくて保険相談を利用する人が多いですが、特定の保険会社を勧められていたら、元も子もありません

このデメリットの解消方法については、記事の最後のほうにまとめてあるので、そちらをご覧ください。

安い保険でも大丈夫?安い保険のデメリット


保険に加入する、もしくは見直しをする際に、保険料の安さを第一に考える人は多いと思います。もちろん保険料は安いに越したことはありません。ただ保険料の安さを上回るデメリットがある可能性があります

  • 保障内容が悪くなる場合
  • 保険の種類が異なる場合
  • 救済措置がない場合
上記のようなデメリットがある場合があるので、注意しましょう。

  • 保障内容が悪くなる場合 
保険料が安くなるのであれば、まず保障内容がどれくらい変わるのか確認する必要があります。

保障内容が、現在加入しているものよりも良くなっていたり、あまり変わらないのであれば大丈夫ですが、契約者が気づきにくいような細かい部分で、保障内容が悪くなっている可能性もあるので、十分に確認しましょう。 

  • 保険の種類が異なる場合 

保険は種類によって保険料の傾向が異なります。

例えば、定期保険よりも終身保険のほうが保険料は高くなる傾向があります。また掛け捨ての保険よりも貯蓄性のある保険のほうが保険料が高くなる傾向があります。

どのような種類の保険が適切なのかは目的などによって変わります。

いずれにしても、保険の種類と加入目的やライフプランをしっかりと照らし合わせて検討する必要があります。


  • 救済措置がない場合
保険料が比較的に安いものとして、共済や少額短期保険というものがあります。

保険の場合は、もしも保険会社が破綻した場合、契約者が損をしないような措置が最大限とられますが、共済や少額短期保険にはそういった救済措置はありません。 

この救済措置がないからと言って、共済や少額短期保険に加入するのはやめておいたほうがいいということは決してありませんが、このような違いがあることは知っておきましょう。

オンラインできちんと保険相談できるの?体験談をご紹介

相談にはとても満足できた

コロナウイルスの感染対策でオンライン保険相談をすることにしたのですが、対面で相談できないことによって意思疎通をうまく図ることができないのではないかと不安でした。


しかし、相談が始まってみれば、FPさんの親身な態度や丁寧な姿勢が画面越しでも十分伝わってきて本当に気持ちよく相談することができました。 


資料もきちんと読めましたし、当初心配していた意思疎通に関しても、全く問題ありませんでした。 


振り返ってみると、オンライン相談は交通費もかからないですし、すぐ始めることができるのでとても便利だったと思います。対面での相談ならではのいい面もあると思いますが、オンライン相談であったとしてもそれに劣るということはないと思います。 

地域別におすすめ保険相談窓口を比較

有料相談と無料保険相談ならどちらがおすすめ?


結論からいうと無料の保険相談の方がおすすめです。
その理由を次の項目で解説します。

無料の保険相談の方がおすすめな理由


なぜ無料相談の方がおすすめなのか理解するために、有料相談・無料相談のメリット・デメリットを整理しましょう。
有料保険相談
メリット
・特定の保険会社や金融機関に偏っていない意見をもらうことができる。

デメリット
・相談だけでお金がかかってしまう(目安1時間あたり5,000円~3,0000円)
・保険の販売資格を持っていないため、保険商品の解説・比較はできない
・相談員が保険販売資格を持っていない場合、保険の加入手続きが面倒
一方無料保険相談の場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。
無料保険相談
メリット
・無料のためお試し感覚で相談できる
・相談員のほとんどが保険販売資格を持っているため。保険加入手続きが簡単

デメリット
・保険相談窓口選びを間違えると、特定の保険会社の商品をおすすめされることがある
・保険の押し売りをされそうというイメージがある
株主に保険会社がいる無料保険相談窓口を利用すると、特定の保険会社の商品をおすすめされるかもしれないというのは事実です。
 
その理由は、株主つまりオーナーである保険会社の商品を売れという指示が相談員に出ている可能性があるからです。 

それに対して、有料保険相談では、特定の保険会社や金融機関に偏ったアドバイスを受けることは少なくなります。

ということは、有料相談の方が良いんじゃないの?

でも相談にお金がかかるのはちょっと...保険の商品の詳しい話をしたいし...

と思う方も多いでしょう。
そんな方は、株主に保険会社がいない無料保険相談窓口の利用がおすすめです!

株主に保険会社がいない無料保険相談窓口を利用すれば、特定の保険会社の保険商品だけおすすめされるということは起こりません。

そのため、お金がかからないのに有料相談と同じように、中立な立場で相談に乗ってくれるのです。 


また、

無料で相談してくれる代わりに保険を押し売りしてくるんじゃないの?

という心配もあるかと思いますが、こちらも保険相談窓口選びを間違えなければ問題ありません。


無料相談経由で保険を契約した人が、1年以内に保険を解約してしまうとその相談員にペナルティが与えられるのですが、評判の良い優秀な専門家ペナルティを受けることを嫌がります。 


そのため、優秀かつ顧客満足度の高い相談員とマッチングしてくれるサービスを使えば保険の押し売りをされることがないのです。 


また、金融庁の監視も強く、各保険の代理店がFD宣言(金融庁のFD宣言に関する報告)という「顧客本意の業務運営方針」を発表しています。

つまり、保険相談窓口選びを間違えなければ無料相談のデメリットを解消できるということです!

そもそもなぜ無料で保険相談をしてくれるの?どんなカラクリがあるの?


そもそもなぜ無料で保険の相談ができるのか? 

その理由は保険会社から保険相談窓口へ手数料が支払われているためです。
 
これを聞くと「無理矢理に加入させられるのではないか?」と心配な方もいらっしゃいますよね。 

しかし、保険をすぐに解約されると販売した人にペナルティが課せられるため、無理矢理加入させられることはありません。
保険の押し売りがなく無料、さらにオンラインでの相談もできますのでとても気軽に相談できますよね。

また、すでに保険に加入している方でも利用することができます。 


保険を見直したい方も無料相談で相談することで、よりご自身に合った保険を見つけ出し保険を切り替えるなど、保障内容を変更するべきか、などのアドバイスを受けることができます。 

内容に変更がない場合でも相談の費用がかかりませんので、ぜひ活用してみることをおすすめします。 

しかし、無料保険相談にも注意点があるのは事実です。

無料保険相談のデメリットを知りたいという人はこちらのページを読んでみてください!

保険相談前の予備知識に!おすすめの勉強法


保険は、人生の中で「家」に次ぐ2番目に高い買い物と言われています。そのため適切な保険を選ばないと大きな損を被る可能性があります

保険相談をして保険を選ぶにしても、担当者に任せっきりで保険を決めて、損をしたというケースがたくさんありますので、最低限の予備知識を身につけて、主体的に保険を決めていくことが大事になってきます。

ではどのように予備知識をつければいいのでしょうか? ここではおすすめな方法を2つ紹介します。

FP検定3級の勉強をする

FP(ファイナンシャルプランナー)検定3級とは、金融、不動産、住宅ローン、税制、保険、年金、相続など、人の一生にまつわる広範囲な知識を習得することを目的とした初歩的な検定で、金融の幅広い知識を学ぶことができます。


保険だけ勉強すればいい、と思った方もいるかもしれませんが、保険というのは様々なものが複雑に絡み合っているので、全体を把握するには、保険だけを学んでいては理解が難しいです。


例えば、団信保険には住宅ローンが関わってきますし、保険はお金にかかわることなので、当然税金も関係してきます。


また金融の勉強をすることは、これからの人生で幅広く役立つと思いますので、時間に余裕のある方は是非チャレンジしてみてください。

本やネットを活用する

本やネットを活用して勉強するのも、取り組みやすくおすすめです。


最近ではyoutubeなども、質の良いコンテンツが多いです。本を読むのが苦手といった方には、youtubeのような動画で勉強してみるのも良いでしょう。


ただ本でもネットでも、例えば「保険は絶対入るな」などの、不安を掻き立てるようなものばかりから学ぶのはあまりおすすめしません。すべてがだめだとは言いませんが、極端な意見であったり、一般的では無い意見である可能性がありますので、十分注意しましよう。


本やネットを最大限活用して、保険に関する体系的な理解を身につけていきましょう。

よくある保険相談内容例をQ&A方式で紹介



ここではよくある保険相談についての質問とその回答をいくつか紹介します。保険相談をする前に、一通り確認しておきましょう。

保険相談ではどういう相談をすることができますか?

保険相談では、保険に関する相談だけでなく、子どもの教育資金、老後の資金、資産運用などの幅広い相談が可能です。


これからのライフプランや予算をもとに、何を改善したいのか、どのようなリスクに備えたいのかをしっかり伝えることで、より具体的な提案やアドバイスがもらうことができます。


ただそれぞれの保険相談によって、対応できる相談内容が変わってくる可能性があるので、来店前に確認してみるといいでしょう。

相談にかかる時間はどのくらいですか?

相談内容や状況によっても変わってきますが、おおよそ1時間から2時間ぐらいとみておきましょう。時間制限などは基本的にないので、じっくり相談することができます。


また1回で加入まで行くことは少なく、2回目、3回目の来店で、加入に至ることが多いです。


無料保険相談の場合は何回でも無料ですが、有料保険相談の場合は、1時間当たりで料金が決まってきますので、事前に保険や家計の整理を行っておくとスムーズに相談を進められるでしょう。

保険に加入しなくても大丈夫ですか?

保険相談をしたからといって、必ずしも保険に加入する必要はありません。相談の結果、納得がいかなかったり、持ち帰って考えたいと感じた場合には、遠慮なく断りましょう。


また相談内容に対し、必要に応じて保険を提案されることもありますが、上記でも述べましたとおり保険相談では保険以外の相談にも柔軟に対応してくれます。


少しでも相談したいと感じているのであれば、気軽に来店してみてください。

同じ保険商品はどこで加入しても同じ保険料ですか?

保険商品は法律により値引き等が禁止されています。


そのため保険契約が同一内容であれば、どこの保険代理店、保険会社で加入したとしても、保険料は同じです。


どこで加入しても保険料は同じのなので、数多くある保険会社・商品から保険を検討できる保険相談は大きなメリットを持っていると言えます。

職業によって保険加入に制限はありますか?

危険度の高い職業の方は、保険に加入できない、または加入に制限がかかる場合があります。


保険は保険料を加入者で出しあって、万が一の事態が起こった人にお金を支給する相互扶助の仕組みで成り立っているため、職業や健康状態に関して契約者同士のリスクが公平である必要があるのです。


保険会社や保険の種類によっても変わりますが、スタントマン、プロボクサー、ラグビー選手、潜水士、登山家などは保険に加入するのは難しいです。

まとめ:他ランキングでも人気のおすすめ無料保険相談


おすすめの保険相談サービスを中心に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

今回の記事では保険相談窓口に関して 

  • 保険加入時におすすめな保険窓口の種類 
  • 無料保険窓口を5社解説 保険相談窓口の選び方のコツ 
  • 保険相談の形式別特徴を解説 
  • 保険相談の当日の流れ 

これらの点を中心に説明してまいりました。 

保険の相談窓口には無料のものと有料のものがあることはわかりましたよね。一般的な考えではつい有料の方がきちんとしていると思いがちですが、その考えは間違いでしたね。 



現在では無料の保険相談窓口を利用する方の方が多く、満足度も高いのです。 

そのため保険の加入や見直しを考えている方はぜひ無料の保険相談窓口を利用することをおすすめします。
 
このほかにもウーマンエキサイトでは皆様の役に立つ記事をご用意しておりますのでぜひご覧ください。 

最後までご覧いただきありがとうございました。 
134