子宮がんだと保険に入れない?子宮がんの方でも入れる生命・医療・がん保険をご紹介



▼この記事を読んでほしい人
  • 子宮がんの経験がある方
  • その他持病や入通院歴がある方
  • 持病があっても入れる保険を探している方

▼この記事を読んでわかること
  • 子宮がんでも入れる可能性のある保険がある
  • 持病があっても医療保険や終身保険、がん保険に申し込める
  • がん経験者だからこそ手厚い保障を受けられる保険がある
この記事を読むことで、子宮がんになった方でも申し込める保険がわかります。保険に入れないと、いざ病気やケガをしたときに保障がなくて、入院費などが心配になりますよね。そのような心配を、子宮がん経験のある方でも申し込める保険に入ることによって解消しましょう。

内容をまとめると

  1. 通常の保険は子宮がんの経験があると加入するのが難しい
  2. 引受基準緩和型保険や無選択保険は告知項目が簡素だったりなかったりするため、加入しやすい
  3. SBIいきいき少短は、持病がある方でも入りやすい医療保険、死亡保険がある
  4. 定期保険を検討したい方は、アクサダイレクト生命の「はいりやすい定期」がおすすめ
  5. 子宮がん経験者でも、がん保険に入れる可能性がある
  6. 少しでも悩んだり気になったりしたら、資料請求することをおすすめ
  7. 誰かに相談したくなったら、マネーキャリアに無料相談してみる
\オンラインで相談できる/無料で相談する >>公式サイトを見てみる

子宮がんだと普通の保険に入れない?


子宮がんだと、普通の保険には入りづらくなります。日本人の死亡原因の1位が「がん」となっているため、保険加入を検討する際には「引受基準緩和型保険」、「無選択保険」を考えるといいでしょう。


この2つには、それぞれ次のような特徴があります。

  • 引受基準緩和型保険・・・告知項目が簡素
  • 無選択保険・・・告知不要

一般的な保険では、病歴などを正しく申告しなくてはならない「告知」があります。この告知により、保険への加入の可否を検討されます。


そのため、現在子宮がんを患っている状態だと、一般的な保険では告知で引っかかり、加入が難しくなります。


そこで、引受基準緩和型保険や無選択保険を検討することで、告知で引っかかり加入ができない、という可能性を、減らすことができるのです。

子宮がんでも入れるおすすめの医療保険

子宮がんでも入れるおすすめの医療保険をご紹介していきます。


おすすめの医療保険は、

  • SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」
  • オリックス生命「キュア・サポート・プラス」
  • メディケア生命「メディフィットRe[リリーフ]」

の3つです。


 それぞれの特徴や告知項目、保障内容や保険料はどのようになっているのか、詳しく解説していきますのでぜひご覧ください。

SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」

SBIいきいき少短の「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」 は、持病がある方に向けた医療保険です。

【特徴】
保険期間1年間の、毎年更新(最長100歳まで保障)

【告知項目】
  • 3カ月以内に医師による診察を受け、入院・手術・検査を勧められたか
  • 1年以内に病気・ケガで入院や手術をしたか
  • 5年以内にがんと診断された、もしくはがんや肝硬変で入院や手術をしたか
【保障内容】
入院保障手術保障
入院給付金日額5,000円コース日額5,000円
(1~60日まで)
5万円
(1回につき)
入院給付金日額3,000円コース
(※80歳以上限定)
日額3,000円

(1~60日まで)
3万円

(1回につき)
※両コース共通「先進医療保障」・・・先進医療を受けた場合1年間に100万円まで保障

【保険料】※日額5,000円コースで試算
  • 30歳女性の場合・・・月2,470円
  • 50歳女性の場合・・・月3,290円 

詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

オリックス生命「キュア・サポート・プラス」

オリックス生命「キュア・サポート・プラス」は、持病があるだけでなく、入院や手術歴がある方も入りやすい引き受け基準緩和型の医療保険です。


 【特徴】

  • 病気やケガによる入院や手術を保障
  • 生活習慣病に備えた保障プランも有

 【告知項目】

  • 3カ月以内に医師による診察を受け、入院・手術・検査を勧められたか
  • 2年以内に病気・ケガで入院や手術をしたか
  • 5年以内にがん・上皮内新生物・肝硬変・統合失調症・認知症・アルコール依存症により診察や検査、治療、投薬いずれかを受けたか

 【保障内容】※基本保障 

入院手術(※入院中)
日額10,000円コース10,000円
(1日につき)
10万円

(1回につき)
日額5,000円コース5,000円

(1日につき)
5万円
(1回につき)
日額3,000円コース
(※60歳~85歳限定)
3,000円

(1日につき)
3万円

(1回につき)

※がんの保障など、特約を付加することが可能


【保険料】※日額5,000円コースで試算

  • 30歳女性の場合・・・月2,910円
  • 50歳女性の場合・・・月3,562円 

ご自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方や加入を悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」をご利用してみてくださいね。

メディケア生命「メディフィットRe[リリーフ]」

メディケア生命「メディフィットRe[リリーフ]」
は、持病があったり、現在服薬中であったりしても申し込みしやすい医療保険です。


【特徴】

  • 病気やケガによる入院や手術を保障
  • 先進医療の保障特約も有

【告知項目】

  • 3カ月以内に医師による診察を受け、入院・手術・先進医療を勧められたか
  • 2年以内に入院や手術をしたか
  • 5年以内にがん・肝硬変・統合失調症・認知症により診察や検査、治療、投薬を受けたか

【保障内容】 

  • 入院・・・支払限度60日型・120日型から選択
  • 手術・・・基本給付金額×10倍(入院中)、基本給付金額×5倍(外来)(※手術Ⅰ型の場合)

※手術の保障は「手術Ⅰ型」「手術Ⅱ型」「なし」の3つから選択


【保険料】※日額5,000円で試算

  • 30歳女性の場合・・・月2,340円
  • 50歳女性の場合・・・月3,055円 

ご自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方や加入を悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」をご利用してみてはいかがでしょうか。


「メディフィットRe[リリーフ]」について詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく書いていますのでぜひご覧ください。

メディケア生命「メディフィットRe(リリーフ)」とは? 

子宮がんでも入れるおすすめの生命保険

子宮がんでも入れるおすすめの生命保険をご紹介していきます。


おすすめの生命保険は

  • SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の死亡保険」
  • アクサダイレクト生命「はいりやすい定期」 

の2つです。 


SBIいきいき少短は医療保険もあるので、医療保障と死亡保障、どちらも子宮がんでも入りやすく保障をカバーできるのは魅力的ですね。


 それぞれの特徴や告知項目、保障内容や保険料について、詳しく解説していきます。

SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の死亡保険」

SBIいきいき少短の「SBIいきいき少短の持病がある人の死亡保険」 は、自分の葬儀代分など少額の死亡保険です。 


【特徴】 

84歳まで申し込みが可能(最長90歳まで保障)


【告知項目】 

  • 3カ月以内に医師による診察を受け、入院・手術・検査を勧められたか
  • 1年以内に病気・ケガで入院や手術をしたか
  • 5年以内にがんと診断された、もしくはがんや肝硬変で入院や手術をしたか

【保障内容】

死亡保険金が100万円から600万円まで、100万円単位で選べる計6コース


【保険料】※死亡保険金額200万円コースで試算

  • 30歳女性の場合・・・月1,580円 
  • 50歳女性の場合・・・月2,200円 

 詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。


また、どの保険がご自身に一番合っているのか悩まれる方は、まずは資料請求だけでもしてみるといいですね。

アクサダイレクト生命「はいりやすい定期」

アクサダイレクト生命「はいりやすい定期」は、引受基準緩和型保険のため告知がとても簡素な定期保険です。


【特徴】 

保障を必要なもののみにすることで、保険料を安価に抑えられる


【告知項目】

  • 3カ月以内に医師による診察を受け、入院・手術・検査を勧められたか
  • がんや腎臓の病気(※)などで、医師による診察や検査、治療、投薬を受けたか(※病名などは表による提示あり)

【保障内容】 

  • 保険金額・・・200万円から2,000万円まで(100万円単位)
  • 保険期間・・・10年または55歳満了から70歳満了(5歳単位)

【保険料】※保険金額500万円、保険期間10年で試算

  • 30歳女性の場合・・・月1,550円
  • 50歳女性の場合・・・月4,260円 

ご自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方や加入を悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」をご利用してみてはいかがでしょうか。

子宮がんでも入れるおすすめのがん保険

子宮がんでも入れるおすすめのがん保険をご紹介していきます。 


おすすめのがん保険は

  • セコム損保「自由診療保険 メディコムワン」
  • アフラック「生きるためのがん保険 寄りそう Days」 

の2つです。 


 それぞれの特徴や告知項目、保障内容や保険料について、詳しく解説していきます。

セコム損保「自由診療保険 メディコムワン」

セコム損保「自由診療保険 メディコムワン」 は、手厚いがん保障があります。


【特徴】

「乳がんをご経験された女性のためのがん保険」のため、女性限定で加入できる


【告知項目】 

  • 初めてかかったがんが乳がんであること
  • 現在「がん所見なし」であること
など、8つの条件を満たした方は申し込みができます。


【保障内容】

保険金日数
通院最大1,000万円無制限
入院無制限無制限

【保険料】※乳がんのステージ0、乳がんの手術日から10カ月経過の場合で試算

  • 30歳女性の場合・・・月5,280円
  • 50歳女性の場合・・・月7,770円 

ご自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方や加入を悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」をご利用してみてくださいね。

アフラック「生きるためのがん保険 寄りそう Days」

アフラック「生きるためのがん保険 寄りそう Days」は、 がんの経験のある方が申し込めるがん保険です。


【特徴】

がん経験者のための保険なので、入院や手術などの保障が手厚い


【告知項目】

  • 5年以内にがんの診断、治療を受けたり、治療を受けることを勧められたことがあるか
  • 3カ月以内に病気で入院・手術・先進医療を勧められたか 

など、6項目の告知を行ないます。


【保障内容】

入院手術
入院給付金日額5,000円コース5,000円
(1日につき)
10万円
(1回につき)
入院給付金日額10,000円コース10,000円

(1日につき)
20万円

(1回につき)

【保険料】※入院給付金日額5,000円コースで試算

  • 30歳女性の場合・・・月2,240円
  • 50歳女性の場合・・・月2,710円 

ご自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方や加入を悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」の利用をご検討ください。

まとめ:子宮がんでも保険に入れる可能性がある

子宮がんでも入れる可能性のある保険についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?


この記事の要点をまとめると

  • 保険には子宮がんでも入りやすい引受基準緩和型保険無選択保険がある
  • 医療保険や終身保険だけでなく、がん保険にも申し込める
  • 加入に悩んだら資料請求相談サービスを利用してみる

でした。


子宮がんだと、もう保険には入れないかもしれない・・・と不安になりますよね。


しかし、子宮がんでも入れる可能性のある保険がありますので、まずは資料請求や問い合わせをしてみることをおすすめします。


保険に加入して、日々の生活に安心を手に入れたいですね。

おすすめの記事