強迫性障害だと保険に入れない?強迫性障害でも入れる生命・医療・がん保険をご紹介



▼この記事を読んでほしい人
  • 強迫性障害など精神疾患を患っている方
  • 強迫性障害で「引受基準緩和型保険」や「無選択保険」を探している方
  • 持病があって医療保険や生命保険に加入できないと考えている方

▼この記事を読んでわかること
  • 強迫性障害でも加入できる医療保険や生命保険はある
  • 「引受基準緩和型保険」や「無選択保険」なら強迫性障害の方でも加入しやすい
  • 「引受基準緩和型保険」でも告知内容によっては加入できないケースもある
強迫性障害などの精神疾患を患っていると、一般的な医療保険や生命保険の加入は難しいが、「引受基準緩和型保険」や「無選択保険」なら加入しやすい。ただし、「引受基準緩和型保険」はあくまでも告知の内容が一般的な保険よりも緩いのであって、必ずしも誰もが加入できるわけではないことがわかる。

内容をまとめると

  1. 強迫性障害などの精神疾患でも、「引受基準緩和型」や「無選択保険」なら医療保険や生命保険に加入できる
  2. 「引受基準緩和型」は、一般的な保険よりも告知内容がかんたんになっている
  3. 普通の医療保険や生命保険で加入を断られたことがある方は、一度資料を取り寄せてみることをおすすめする
  4. ただし、「引受基準緩和型」でも現在の健康状態によっては加入できないケースもある
  5. もし、「引受基準緩和型」で加入できなかった場合は、「無選択保険」がおすすめ
  6. 今の健康状態で保険加入できるのか不安だという方は、一度保険のプロに相談するべき
  7. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

強迫性障害だと普通の保険に入れない?告知義務違反になる?

強迫性障害などの精神疾患を抱えていると、医療保険や生命保険に加入できるのか不安だという方もいると思いますが、保険加入は可能です。


引受基準緩和型」と言われる、健康状態に不安がある方でも、かんたんな質問で加入できる保険があります。また、強迫性障害でも症状が軽く、薬によって症状が安定しているのであれば、医療保険や生命保険に加入できる可能性は高いでしょう。


また、損保系の医療保険や生命保険のなかには「無選択保険」という、告知が無い保険もあります。


強迫性障害だからといって最初から諦めるのではなく、「引受基準緩和型」や「無選択保険」を探してみてくださいね。


自分ひとりで保険を探すのが難しいという方は、保険のプロに相談してみるのもおすすめです。

強迫性障害でも入れるおすすめの医療保険

この見出しでは、強迫性障害でも加入できるおすすめの医療保険を3つ紹介します。


  • SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」
  • オリックス生命「キュア・サポート・プラス」
  • メディケア生命「メディフィットRe[リリーフ]」

それぞれの保険の特徴保険料などを詳しく解説しますので、ぜひご自分に合った保険を探してください。

SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」は、持病があっても入りやすい医療保険として、人気のある保険商品。保険料は54歳女性の場合、入院日額5,000円コースで月々3,290円です。


84歳まで申込みができて、100歳まで保障が受けられる保険なので、高齢で持病がある方でも安心ですね。


下記で挙げる3つの質問に該当しなければ、申込みできます。


  1. 最近3か月以内に医師による診察を受けた結果、入院、手術または検査を勧められた
  2. 過去1年以内に病気やケガで入院・手術を受けた
  3. 過去5年以内にがんと診断、またはがんか肝硬変で入院・手術を受けた


入院給付金日額5,000円コース保障内容
入院保障日額5,000円
手術保障手術1回につき5万円
先進医療保障100万円まで


詳しく知りたい方は、下記の記事で詳しく書いていますのでぜひご覧ください。

オリックス生命「キュア・サポート・プラス」

キュア・サポート・プラス」は、持病がある方でも入りやすい、オリックス生命の引受基準緩和型医療保険です。保険料は54歳女性の場合、入院日額5,000円コースで月々3,872円です。


入院日額は大きく分けて10,000円・5,000円・3,000円コースから選べるので、月々のご負担や保障内容を見て決められるのがメリット。


下記で挙げる3つの質問に該当しなければ、申込みできます。


  1. 最近3か月以内に医師から入院・手術・検査のいずれかをすすめられたことがある
  2. 過去2年以内に病気やケガで入院・手術を受けた
  3. 過去5年以内にがんまたは上皮内新生物・肝硬変・統合失調症・認知症・アルコール依存症で医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかを受けた


入院給付金日額5,000円コース保障内容 
疾病入院給付金1日につき5,000円
災害入院給付金1日につき5,000円
手術給付金1回につき入院中5万円・外来2.5万円
先進医療給付金先進医療にかかる技術料と同額
先進医療一時金先進医療給付金の10%相当額

あくまで加入できる可能性が高いものなので、ご自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方、悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」を利用してみてくださいね。

メディケア生命「メディフィットRe[リリーフ]」

メディフィットRe[リリーフ]」は、メディケア生命の限定告知型医療終身保険です。保険料は50歳女性の場合、Aプランで月々2,008円と保険料がお手ごろなのが特徴的。


3大入院無期限タイプや手術Ⅱ型など、自分に合った保障が選べるので、必要なものだけ選択できます。


下記で挙げる3つの質問に該当しなければ、申込みできます。


  1. 最近3か月以内に医師に入院・手術・先進医療を勧められた
  2. 過去5年以内にがん・肝硬変・統合失調症・認知症で医師の診察を受けた
  3. 過去2年以内に入院・手術を受けた


「メディフィットRe[リリーフ]」の商品の仕組みは、下記を参考にしてください。

  • 主契約:病気・ケガによる入院・手術・放射線治療・骨髄移植術
  • オプション:限定告知型先進医療特約・限定告知型入院一時給付特約・限定告知型終身保険特約(低解約返戻金型)

あくまで加入できる可能性が高いものなので、ご自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方、悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」を利用してみてくださいね。
メディケア生命「メディフィットRe(リリーフ)」とは? 

強迫性障害でも入れるおすすめの生命保険

では、次に強迫性障害でも入れるおすすめの生命保険を2つ紹介します。


  • SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の死亡保険」
  • アクサダイレクト生命「はいりやすい定期」

それぞれの生命保険の特徴や保険料、保障内容などを詳しく解説しますので、ぜひ生命保険を検討している方は参考にしてください。

SBIいきいき少短「SBIいきいき少短の持病がある人の死亡保険」

SBIいきいき少短の持病がある人の死亡保険」は、54歳女性の場合、死亡保険金100万円コースで月々1,100円と、加入しやすい保険料が魅力的な生命保険です。


引受基準緩和型の死亡保険であり、お葬式代くらいは自分で用意したいという方にピッタリ。


下記で挙げる3つの質問に該当しなければ、申込みできます。


  1. 最近3か月以内に医師による診察を受けた結果、入院・手術・検査を勧められた
  2. 過去1年以内に病気やケガで入院・手術を受けた
  3. 過去5年以内にがんと診断された、もしくはがんや肝硬変で入院・手術を受けた


84歳まで申込みできて、90歳まで保障の継続可能。死亡保険金額別に100・200・300万円の3コースから、自分にあったものが選べます。


「SBIいきいき少短の持病がある人の死亡保険」について詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく書いていますのでぜひご覧ください。

アクサダイレクト生命「はいりやすい定期」

はいりやすい定期」は、持病や入院歴があっても入りやすい、終身型の引受基準緩和型生命保険。20歳で加入した場合、基本保険金額500万円で月々の保険料は1,440円です。


下記で挙げる2つの質問に該当しなければ、申込みできます。


  1. 現在入院している、もしくは最近3か月以内に医師から入院・手術・検査を勧められた
  2. 過去5年以内に病気やケガで医師の診察・検査・治療・投薬を受けた

高血圧やうつ病、強迫性障害の方でも申込みしやすい生命保険なので、持病で生命保険を諦めていた方にピッタリです。

基本保険金額は200万円~2,000万円で100万円単位での設定が可能。保険期間も10年・55歳満了~70歳満了まで5歳刻みで選べます。

あくまで生命保険に加入できる可能性が高いものなので、自身が加入できるかどうかを詳しく知りたい方、悩んでいる方は、「マネーキャリア持病チャット相談サービス」に相談してみてくださいね。

まとめ:強迫性障害でも保険に入れる可能性がある


強迫性障害だと医療保険や生命保険に加入できないのか、強迫性障害でも加入できる引受基準緩和型保険についてなどを紹介しました。


今回の記事のポイントは、


  • 強迫性障害などの精神疾患を抱えている方でも、「引受基準緩和型」や「無選択保険」なら医療保険や生命保険に加入できる
  • 「引受基準緩和型」の保険なら、告知が一般的な保険でも加入しやすい
  • 医療保険・生命保険と「引受基準緩和型」にもたくさんの種類がある

以上になります。

強迫性障害でも、加入できる医療保険や生命保険はあります。しかし、あくまでも加入できる可能性が高いものなので、加入できるかどうか不安だという方は、事前に「マネーキャリア持病チャット相談サービス」に相談すると安心ですよ。

今回の記事を参考にして、ぜひ自分に合った生命保険を探してくださいね。

おすすめの記事