ビューティ情報『白髪染めの常識!オシャレ染め、セルフカラー、美容室のヘアカラーとの違いとは?』

2017年3月11日 08:10

白髪染めの常識!オシャレ染め、セルフカラー、美容室のヘアカラーとの違いとは?

白髪染めとオシャレ染めの違い!

目次

・白髪染めとオシャレ染めの違い!
・美容室のカラー剤と市販のカラー剤との違い!
・美容室とセルフの白髪染めの違いは??
白髪染めとオシャレ染めの違い!

年齢を重ねると出てくる髪の悩み…白髪。
白髪が見えると、見た目年齢がグッと上がり、老けて見られます。
そこで、白髪に関してよく聞くお悩みや疑問をお答えしていきます。
「今まではオシャレ染めをしていたのだけれど、白髪が出てきたので白髪を染めたい。オシャレ染めと白髪染め、どちらをすればいいの??」
という事を、よくお客様からご質問いただきます。
答えは、白髪を分からない様にしっかり染めたければ「白髪染め」、白髪が分かっても良くて髪を明るく染めたい・色味を楽しみたいなら「オシャレ染め」です。
白髪染めのカラー剤は、オシャレ染めのカラー剤に比べ、白髪を染める色素が多く含まれているので、白髪がしっかり染まります。その反面、明るく染めれなかったり、色味が表現しにくいです。
カラーの明るさを表す「レベルスケール」というもので説明しますと…。レベルスケールはレベル1~20まであり、数字が低いほど暗く、高くなるほど明るくなります。白髪染めのカラー剤で染められる明るさは、8レベル~9レベルぐらいです。(カラー剤メーカーによって差があります。)
最近は、白髪が染まらなくても、明るさや色味を重視してオシャレ染めする方も多く、白髪部分にハイライト(メッシュ)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.