ビューティ情報『フレグランスブランド「19-69」日本初上陸、イヴ・サンローラン「スモーキング」着想を得た香りなど』

2020年7月2日 19:25

フレグランスブランド「19-69」日本初上陸、イヴ・サンローラン「スモーキング」着想を得た香りなど

フレグランスブランド「19-69」日本初上陸、イヴ・サンローラン「スモーキング」着想を得た香りなど

スウェーデン人アーティストが手掛ける、フレグランスブランド「19-69(ナインティーン-シックスティナイン)」が日本初上陸。2020年7月8日(水)より阪急メンズ東京、金沢・フェートン フレグランス ロング バーにて先行発売される。

「19-69」日本初上陸
「19-69(ナインティーン-シックスティナイン)」は、スウェーデン⼈アーティストのヨハン・ベルゲリンが手掛けるカルチャー・コスメティックブランド。フランス・パリのセレクトショップ・コレットでローンチされ、以降、アメリカ、ベルギー、イタリアなど19カ国で展開されている。

ブランド名に記された数字「19-69」は、1960~70年代を意味しており、その間に生まれたカルチャーやムーブメントなどからインスピレーションを得たフレグランスを提案する。

イヴ・サンローラン「スモーキング」着想の香り
例えば、「レール・バルべス(Lʼ ÀIR BARBÈS)」は、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)のタキシードスーツ・スモーキング(Le Smoking)に着想を得た香り。フレッシュレモンやベルガモットの爽やかなトップノートから、アンブロックス、クミンシード、レザーなどを重ねたベースノートへと移ろう、創造性にあふれた香りに仕上がっている。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.