ビューティ情報『腸活の新メソッド?「発酵性食物繊維」でポッコリお腹解消』

2021年12月22日 16:00

腸活の新メソッド?「発酵性食物繊維」でポッコリお腹解消

発酵性食物繊維とは?

目次

・「短鎖脂肪酸」とは
・もち麦
発酵性食物繊維とは
出典:byBirth
食物繊維には、大きく分けて「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。「発酵性食物繊維」とは、「水溶性食物繊維」の大部分と、「不溶性食物繊維」の一部を指します。

「発酵性食物繊維」は、大腸で発酵して「短鎖脂肪酸」を作り出す食物繊維のことで、「短鎖脂肪酸」は全身に運ばれて体に良い働きをしてくれます。

「短鎖脂肪酸」とは

短鎖脂肪酸とは、「酪酸」「プロピオン酸」などのことをいい、

  • 腸内を弱酸性に保つ
  • 腸のぜん動運動を活発にする
  • 腸の粘膜のエネルギー源になる
など、腸内環境を整えるためのさまざまな働きをしてくれるため、短鎖脂肪酸を増やすことが「腸活」のポイントといえます。食物繊維を積極的に摂ることで便通も良くなるため、「ポッコリお腹」を解消するにも効果的ですよ。

便通が良くなることで体の老廃物を体外に排出できるため、肌のコンディションを整える効果も期待できますね。

発酵性食物繊維が含まれる食品

もち麦

もち麦
出典:byBirth
水溶性食物繊維が多く含まれているもち麦は、発酵性食物繊維を摂るのにおすすめです。

もち麦には「βグルカン」という水溶性食物繊維が含まれているのが特徴で、糖質の吸収を抑える働きや、腸内で善玉菌のエサになる働きがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.