ビューティ情報『抗菌薬・抗生物質に関する知識は不十分のまま、数年間変化なし 薬剤耐性の問題に対する関心や理解は深まっていない「抗菌薬意識調査レポート 2022」発表』

抗菌薬・抗生物質に関する知識は不十分のまま、数年間変化なし 薬剤耐性の問題に対する関心や理解は深まっていない「抗菌薬意識調査レポート 2022」発表

感染症治療の切り札といわれる抗菌薬が効かない薬剤耐性(AMR)の問題が世界中で深刻化しています。
日本でも2種類の「薬剤耐性菌」によって2017年に国内で8,000人以上が死亡したとの推計が出ており、深刻な影響が懸念されています。薬剤耐性(AMR)の問題は抗菌薬・抗生物質の不適切な使用が一因であり、その対策として私たちにできることは、抗菌薬・抗生物質の知識や理解を深めて正しく使うことです。
AMR臨床リファレンスセンターでは、今年度も一般の方700人を対象に「抗菌薬・抗生物質に関する意識調査」を行いました。その結果、日本人の抗菌薬・抗生物質や薬剤耐性への知識が未だ不十分であることが見えてきました。しかし、コロナ禍の経験を通じて、体調不良時には学校や職場を休むと回答した人は年々増加し、咳エチケットを行いたいと約6割が回答するなど、感染症に対する行動の高まりが見えてきました。

「抗菌薬意識調査レポート 2022」発表
https://amr.ncgm.go.jp/pdf/20220930_report_press.pdf

■調査概要
1. 調査方法 :インターネット調査
2. 調査機関 :国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター
3. 調査対象者:全国の15歳以上の男女
4. 有効回答数:700サンプル
(10代/20代/30代/40代/50代/60代/70代の7つの年代属性で男女各50名ずつ)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.