ビューティ情報『お口の菌は半日で4,000倍に!認知症の原因は入れ歯の汚れ!?郵送でかんたん抗菌、入れ歯に菌をつけない新習慣』

お口の菌は半日で4,000倍に!認知症の原因は入れ歯の汚れ!?郵送でかんたん抗菌、入れ歯に菌をつけない新習慣

入れ歯専門のコンフォート入れ歯クリニック(本社:北海道札幌市、理事長・院長:池田 昭)は、歯周病予防の取り組みとして、入れ歯に汚れや菌を付きにくくする抗菌処理サービスを行っています。2022年11月1日より抗菌処理サービスの郵送受付を開始しました。

お口の菌は半日で4,000倍に!認知症の原因は入れ歯の汚れ!?郵送でかんたん抗菌、入れ歯に菌をつけない新習慣

1.専用機械で入れ歯を抗菌

【認知症は、入れ歯の汚れが引き起こす!?】
2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると予測されています。認知症のリスクを高める一因としてあげられているのが、成人の8割がかかっているとされる歯周病です。歯周病菌がアルツハイマー病の原因とされる脳のゴミを増やし、脳細胞が死滅して症状が悪化することも分かりました。その代表的な原因が入れ歯の汚れです。入れ歯は50代から増えはじめ、85歳以上では約半数の人が利用しています。細かい溝の汚れは丁寧にブラッシングしても完全に除去することは困難で、残った菌が繁殖して歯周病の悪化に繋がっています。


【入れ歯のヌメリは、びっしり付いたカビ菌】
札幌市のコンフォート入れ歯クリニックでは、抗菌処理サービスの郵送受付をスタートしました。抗菌処理とは、入れ歯用ブラシで汚れを除去して超音波洗浄機で除菌後、専用機械で抗菌液をコーティングするものです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.