ビューティ情報『AMR臨床リファレンスセンターが「抗菌薬意識調査レポート 2023」の調査結果を発表』

AMR臨床リファレンスセンターが「抗菌薬意識調査レポート 2023」の調査結果を発表

感染症治療に使われる抗菌薬(いわゆる“抗生物質”)が効かない薬剤耐性(AMR)の問題が世界中で深刻化しています。
日本でもメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)と薬剤耐性大腸菌の感染症による死亡者数が、年間8,000人を超えるとの推計も出ており、深刻な影響が懸念されています。AMRの問題は抗菌薬の不適切な使用が一因であり、その対策として私たちにできることは、抗菌薬の知識や理解を深めて正しく使うことです。
AMR臨床リファレンスセンターでは、今年度も一般の方700人を対象に「抗菌薬・抗生物質に関する意識調査」を行いました。その結果、一般国民の抗菌薬への知識やAMR、薬剤耐性菌への正しい認識は不十分なまま、この数年間変化していないことが判明しました。

【調査概要】
1. 調査方法 :インターネット調査
2. 調査機関 :国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
AMR臨床リファレンスセンター
3. 調査対象者:全国の15歳以上の男女
4. 有効回答数:700サンプル
(10代/20代/30代/40代/50代/60代/70代の
7つの年代属性で男女各50名ずつ)
5. 調査実施日: 2023年9月

調査 SUMMARY<サマリー>
◇抗菌薬に関する知識は不十分なまま変わっていない
・「抗菌薬はウイルスをやっつける」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.