ビューティ情報『【診療科別|巻き爪の治療方法に関する調査】混同しやすい「巻き爪」と「陥入爪」、自分の症状に合わせて適切な治療を受けるには何科を受診すべき?』

【診療科別|巻き爪の治療方法に関する調査】混同しやすい「巻き爪」と「陥入爪」、自分の症状に合わせて適切な治療を受けるには何科を受診すべき?

合同会社ひまわりコーポレーション(本社所在地:埼玉県川越市、代表:簗 由一郎)は、「専門医と学ぶ巻き爪・陥入爪治療の相談室」(https://medical-media.jp/)を運営する企業として、医師を対象に「巻き爪の治療方法」に関する調査を実施しました。
ハイヒールなどの負担から女性の多くが悩まされる巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)。治療したいと思ったらどこに受診すれば良いのでしょうか。外科手術や矯正治療のほか、塗り薬やケア、最近では自分で取り組むことができるグッズもあるようですが自分にとってどれがベストな方法なのでしょう。

今回の調査結果を受け、形成外科専門医の簗(やな)先生からもコメントをいただきました。

<巻き爪の治療方法に関するトピックス>
1. 内科医や皮膚科、外科などで治療を行っているが、患者が多いのは形成外科、美容外科、皮膚科など

2. 全体では8割以上の医師が巻き爪と陥入爪の違いを判別できるが、医療機関・診療科別では最多だったのは形成外科の92.4%

3. 診療科全体では「爪の切り方の指導」が治療法として最も多い一方、外科的処置を行うことのできる診療科では減少傾向

■ 巻き爪や陥入爪の治療先について
1. 内科医や皮膚科、外科などで治療を行っているが、患者が多いのは形成外科、美容外科、皮膚科など
【診療科別|巻き爪の治療方法に関する調査】混同しやすい「巻き爪」と「陥入爪」、自分の症状に合わせて適切な治療を受けるには何科を受診すべき?


今回調査した医師の診療科の内訳です。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.