子育て情報『<女性の心と体の悩み>「挿れると痛い」に隠れていた病気とは?』

<女性の心と体の悩み>「挿れると痛い」に隠れていた病気とは?

【15センチの関係~SEXから病まで】パートナーと「する」ときに痛い。「する」のがつらい。病気にかかってしまったら。避妊に失敗したときどうしたらいいの――。性に関わる不安や悩みは、なかなか周囲には打ち明けづらいですよね。大切なパートナーにならば、なおさらかもしれません。しかし、性の問題だからこそ、2人でしっかり向き合いたいもの。

物語の主人公である「柊レディースクリニック」の医師・柊 二三香(ふみか)が、クリニックに訪れる患者たちの心と体の診察をおこなうマンガ『15センチの関係~SEXから病まで』(監修/ひなた女性クリニック 院長 谷口久枝)をご紹介します。

ある日、二三香のもとにやってきたのは「性交痛」に悩む女性。行為は嫌ではないのに、彼女は「痛い」ことを彼に言えずにいました。二三香の「察してほしいでは何も伝わらない」という言葉に意を決した彼女は彼に本心を伝え、2人で二三香のクリニックを受診することに。

「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


「挿れると痛い」に隠れていた病気とは? #15センチの関係 #性交痛 4


性交のときに「痛かった」原因は子宮内膜症でした。子宮内膜症がダクラス窩(子宮と直腸の間)にできてしまうと、性交の際に痛みを感じることがあると言われています。 

性交はパートナーとのコミュニケーションのひとつ。大切な相手だからこそ、「気持ちいい」だけでなく「痛い」「つらい」ことがあれば、ちゃんと言い合えることが大事ですよね。そして、今回の例のように「痛い」と感じていたのは子宮内膜症が原因だった場合もあります。異変を感じたら、受診することも大切にしてくださいね。

記事監修/助産師REIKO

『15センチの関係~SEXから病まで』は、各電子書籍配信サイトにて配信中!

©福田素子/forcs

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

著者:マンガ家・イラストレーター 福田素子
大分県在住。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.