2014年11月20日 07:00|ウーマンエキサイト

みんなどうしてる? 寒い時期の子供の寝冷え対策

おおたさやか
ライター (自由が丘ママの会 事務局スタッフ)
おおたさやか
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
だんだんと朝晩の冷え込みが冬の訪れを感じさせるようになってきましたね。この季節に気になるのが、子どもの寝冷え。暑がりの子どもはすぐに布団から出てしまい、翌朝鼻水が…ということも多々あります。子どももママもぐっすり眠りながら寝冷えさせない対策法やアイテムをご紹介します。
みんなどうしてる? 寒い時期の子供の寝冷え対策
■子どもが熟睡する頃がカギ! パジャマの素材も見直してみよう寝冷えをさせると咳や鼻水、のどの痛みや発熱などの症状をはじめ、下痢や腹痛を引き起こすおそれもあります。寝冷えを防ぐには、しっかり布団をかけて、温かくして眠ることが大切です。

とはいえ、寝かしつけた時には布団をかけていても、子どもはすぐに嫌がって蹴とばしたりはねのけたりしてしまいます。寝返りを始めた頃の赤ちゃんに至っては、コロコロ転がって布団からはみ出してしまうこともあるでしょう。

子どもは大人よりも体温が高く、暑がりです。特に、ぐっすり熟睡するまでの間が暑さを感じやすいので、寝かしつけ直後はお腹周りだけ布団をかければ十分です。子どもが熟睡したと感じる就寝後30分~1時間前後でしっかりと布団をかけなおしてあげましょう。

また、子どものパジャマはどんな素材のものを選んでいますか? パジャマに最も適している素材は、綿100%の生地です。最近流行しているフリースやスウェット素材のものは汗を吸収しにくく、子どものパジャマにはあまりおすすめできません。もし着用させるのであれば、汗を吸う下着を下に着せたほうがよいですね。

寝冷えさせないように!! と厚着させすぎると逆に汗をかいて、寝冷えを引き起こす原因になってしまいます。寒い時は厚着で寝かせるのではなく、室温も調節してあげましょう。
おおたさやか
おおたさやかの更新通知を受けよう!
確認中
おおたさやか
おおたさやかの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
おおたさやか
おおたさやかの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
おおたさやか
おおたさやかをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
おおたさやか
おおたさやかの更新通知が届きます!
フォロー中
おおたさやか
おおたさやかの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.