2015年7月21日 06:15|ウーマンエキサイト

【保存版】子どもが夜中に急病になったら?

RUREI
ライター
RUREI
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

目次

・小児救急電話相談へダイヤルして
・小児救急電話相談の仕組み
・子どもの症状が不安な時は、まず「#8000」に電話を
【保存版】子どもが夜中に急病になったら?

© Zerbor - Fotolia.com


乳幼児の体調は変わりやすいもの。昼間はとても元気だったのに、夜になると急にぐずり出し、熱を測ると高熱が…なんてことは珍しくありません。
発熱以外も、けいれんや嘔吐、誤飲、事故など、さまざまな状況が考えられます。

夜中の急病や事故などで的確な処置をするためには、正しい対処法を知っておく必要があります。

今回は子どもが夜中に体調を崩した時に、まず行うべき方法についてお話しましょう。

小児救急電話相談へダイヤルして

局番なしで「#8000」にダイヤルすると、どこに繋がるかを知っていますか?

この番号は「小児救急電話相談」といって、休日や夜間など、通常は病院が利用できない時間帯に、子どもの急な病気にどう対処すべきかを教えてくれるものです。

電話口で対応してくれるのは小児医師、または看護師。すぐに病院を受診しないといけないのか、もう少し子どもの様子を見たほうがよいのか、パパやママではわからない場合でも、医師や看護師が症状に応じた対処の仕方を教えてくれるので安心です。

小児救急電話相談の仕組み

小児救急電話相談は、「#8000」に電話をかけることで、自動的に住んでいる自治体の相談窓口に転送されるシステムになっています。

自治体によって、実施している時間帯が異なります。下記のページでこの機会に、お住まいのエリアの実地時間帯をチェックしておきましょう。

小児救急電話相談事業(#8000)について |厚生労働省

子どもの症状が不安な時は、まず「#8000」に電話を

「救急に連れて行くべきかどうかわからない」と不安な時は、まず小児救急電話相談にダイヤルするようにしましょう。

パパやママは初めてでも、医師や看護師は同じような症例を何度も見ているというケースが多いものです。アドバイスを受けることで、安心して看病ができることもあるはず。

判断が遅れたために大きなトラブルに繋がってしまった、パニックになってしまって番号自体忘れた…ということのないように、「#8000」の番号はスマホの電話帳に登録しておくとよいですね。

体調の急変しやすい子どもを守れるのはママだけ! ママがパニックになると、子どもはより不安になってしまうものです。右往左往する前に、まずは小児救急電話相談の番号をプッシュして、「困った!」を解消してください。
RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
確認中
RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
RUREI
RUREIをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
RUREI
RUREIの更新通知が届きます!
フォロー中
RUREI
RUREIの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.