2016年3月28日 06:15|ウーマンエキサイト

保育園だけでなくヌヌやベビーシッターも利用するフランスのワーキングマザー

保育園だけでなくヌヌやベビーシッターも利用するフランスのワーキングマザー

© Ekaterina Pokrovsky - Fotolia.com


今や慢性的な課題となっている保育所の待機児童問題。共働き世帯が増えて保育所の需要が増加した結果、少子化が進んでいるにもかかわらず、保育所に入れない子どもたちが多くいます。

厚生労働省によれば、2015年4月1日時点で、認可保育所などに入れない待機児童は、2万人を超えているそうです。2015年度から始まった子ども・子育て支援新制度によって保育施設の対象が広がり、受け皿は大きくなりましたが、まだ世間のニーズを満たすまでには、なっていません。

待機児童がもっとも多い都道府県は東京で、次いで沖縄、千葉と続きます。一方で待機児童ゼロを実現している自治体も11県あります。年齢別では1、2歳児における要望が高く、育児休暇が終わり仕事に戻る時期に重なります。

最近は意識も変わってきましたが、育児休暇の取得や幼い子どもを預けて働く女性に対して、日本の社会は寛容かというと、まだまだです。子育ては女性の仕事という傾向が強くあります。一方で、女性が家の外で働くことが習慣として根付いた国々では、どのような子育てをしているのでしょうか。
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
確認中
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
加藤亨延
加藤亨延をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
加藤亨延
加藤亨延の更新通知が届きます!
フォロー中
加藤亨延
加藤亨延の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.