WEラブ赤ちゃんプロジェクト

ウーマンエキサイトが5月5日、子どもの日に合わせて結成する「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」。第一弾は「WEラブ赤ちゃん -泣いてもいいよ-」のステッカーを作りました。このステッカー制作に携わった人たちの声や今後の展開、ステッカープレゼントもあります♪

特集へ戻る

ステッカー制作までの道のり:編集部から

 

ステッカー制作までの道のり:編集部から
「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」は、紫原明子さんがコラムでつづって下さった通り、Facebookの投稿をきっかけに始まりました。

「赤ちゃんが泣いても嫌じゃありません」。

そんな思いをステッカーにするには、どうしたらいいのか。ウーマンエキサイトの編集部スタッフをはじめ、紫原さん、栗生さんにもミーティングに参加して頂き、話を進めました。

ひと目見ただけでメッセージを伝えることの難しさ、そして昨今騒がれているマタニティーマークをつけるかどうかという問題と同じく、「あえてこのメッセージを形にすることは本当に良いのか」。さまざまな問題が目の前に立ちはだかりました。

しかし、悩んだあげく初心にかえり「赤ちゃんが生まれて初めて泣いた時、周囲はどんな思いだったのだろう」ということを考えてみました。

そう、きっと赤ちゃんの産声って、とても歓喜に満ち溢れたものだったはずです。

生まれた時はあんなにも喜ばしい赤ちゃんの泣き声が、少し時間が経っただけで騒音に変わってしまうのでしょうか。

もちろん、さまざまな立場の人がいる公共の場で、できるだけの配慮はすべきです。

でも、赤ちゃんと呼ばれる1歳前後の子どもたちは、暑かったり、寒かったり、お腹が空いたり、眠かったり…、あらゆる気持ちを泣いてお知らせしてくれます。

だから、赤ちゃんが泣くのは予測できない自然なこと。そして、赤ちゃんってとても愛すべき存在。そんな思いをステッカーに込めることにしました。

誰もが“元”赤ちゃん。目の前で力いっぱい泣いている赤ちゃんを、何十年か前の自分の姿を見るかのように思えたら…。

そして、パパ、ママ、みなさまをはじめとする、多くの人に愛されて大きくなった赤ちゃんならば、きっと素敵な未来を切り開いてくれるはず。

このステッカーは、とても小さなことかもしれないけれど、前向きな思いを形に変え、どんどん広がって行くことで、赤ちゃんたちがすくすく元気に育っていけるならば。

そんな思いで「WEラブ赤ちゃん -泣いてもいいよ!-」のステッカーを作りました。
無言の意思表示をすることで、救われるパパとママと赤ちゃんが少しでも増えますように…!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.