同調してばかりではダメ、「友だち」と「親子」の違い

2018年2月16日 18:00
 

新宿の母 ライター
新宿の母

地震・雷・火事・親父。こう言っても、いまの若い人たちには、何のことかサッパリわからないかもしれないわね。

昔は怖いものの順番をこう言ったものなのよ。災害に匹敵するくらい、父親というのは恐ろしかったんです。

同調してばかりではダメ、「友だち」と「親子」の違い

© hakase420 - stock.adobe.com



でも、現在の若いお父さんたちは違うでしょうね。厳格な父親というよりも、話のわかるやさしいパパという感じかしら。

これは、父親に限ったことではなく、お母さんも同じ。いまは、友だち同士のような親子関係を望む人たちが多く、友だち親子が増えているようです。

もちろん、昔のように子どもから怖がられるような親がいい、とは思いませんよ。親の前では直立不動で絶対服従、なんていうのも困りものです。

でもね、親は親であって友だちではないの。ケジメを忘れると、後で子どもから、手痛いしっぺ返しをくうことになりますよ。

「友だち」と「親子」の違いを考えればわかるんじゃないかしら? 友だちとの関係は平等ですが、親子には上下関係があるでしょう? これはもう変えようがありません。

上下関係というと親がいばって子どもを押さえつけるようなイメージがあるけど、そういう意味じゃないのよ。

親は人生の先輩で、未熟な子どもを良い方向へ導く義務がある、という「上下」です。

社会で生きていくために必要な人間としての基礎を親は子どもに教えなければいけません。

社会は自分の思う通りにはなりませんからね。他人と協力しながら生きていくには、やりたくないこともやらなければならないし、ガマンすることも必要です。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.