2018年6月11日 21:00|ウーマンエキサイト

朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”

目次

・「気持ちいいね」“第二の脳”といわれる肌をタッチ! 赤ちゃんとふれあいマッサージ
・歌いながら楽しみながら「ふれあいマッサージ」乾布摩擦の手順
・「朝からふれあいマッサージ」で生活リズムをととのえる
朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”

©LanaK- stock.adobe.com


これから夏にかけて日の出時刻も早くなり、朝日を肌で感じやすい季節。この時期に朝の目覚めに子どもと触れ合う「ふれあいマッサージ」を取り入れて、親子ともにスッキリ目覚める生活を始めてみませんか?

朝一番に子どもと触れ合うコミュニケーションを取ることで親子ともに一日の始まりがハッピーに。ベビーマッサージや産前産後のヨガに関する著作の執筆や講座、ワークショップを開催している、たらちね助産院院長の大坪三保子先生に、「ふれあいマッサージ」についてうかがいました。

朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”お話をうかがったのは…
大坪三保子さん(たらちね助産院院長)


久留米大学看護専門学校、熊本大学医療技術専門短期大学助産学科卒業。たらちね助産院院長、助産師・看護師。子育て支援グループamigo顧問。母と子のウェルネス研究会幹事。『はじめてのベビーマッサージ』(保健同人社)、『安産のための体と心をつくるHappyマタニティ・ヨガDVD付』『キレイで元気なママになるHappy産後ヨガDVD付』(共に高橋書店)など著書多数。
・たらちね助産院



■「気持ちいいね」“第二の脳”といわれる肌をタッチ! 赤ちゃんとふれあいマッサージ

首が座った赤ちゃんからできる、乾布摩擦の技法を取り入れた「ふれあいマッサージ」。起き抜けにやさしくさすってあげることで赤ちゃんの代謝があがり、朝の目覚めがよくなります。スッキリ目覚められると日中も好奇心旺盛に活動でき、生活リズムがつきやすくなります。寝起きの体に働きかけてあげることで、食欲もアップ。腸も刺激を受けて便通もよくなることにつながるでしょう。

「赤ちゃんとの生活を楽しみながら、小さな子どもとの暮らしのリズムを家族で作っていくといいですね。赤ちゃんが受け入れてくれるところ、お母さまがやりやすいところから始めてください。

お日様の光や気温、湿度などを感じながら、赤ちゃんの機嫌や体の様子も一緒に感じていくことにだんだんと慣れていってください。ママやパパの手の感覚やぬくもり、声のトーンを赤ちゃんも楽しんでいますよ」と大坪先生。

■歌いながら楽しみながら「ふれあいマッサージ」乾布摩擦の手順

赤ちゃんが目覚めてきたら、布団の上からやさしく歌いながらさすってあげることから始めます。好きな歌に合わせてさすってもいいですし、下の歌詞に適当にメロディを付けて歌ってあげてもいいでしょう。

1 赤ちゃんが目覚めてきたら、やさしく掛け布団や毛布にくるんだまま揺らしてあげます。
朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”
♪おーいもほりゴーロゴロ、おーいもほりゴーロゴロ、おいしいおいもはできたかな~?

2 左腕から順番に四肢を軽くタッチしていきます。
朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”
♪よっこらしょ、どっこいしょ おいしいおいもはできたかな~?

3 左脚をタッチ。
朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”
♪おいしいおいもはできたかな~?

4 次に右脚をタッチしてから、右腕もタッチします。
朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”
♪おいしいおいもはできたかな~?

5 両足、両手を一つずつ先から中心に向かってさすりあげます。
朝一番の幸せスキンシップ「気持ちいいね!」親子で“ふれあいマッサージ”
♪あ~できてる、できてるきれいにしようね



新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.