公共の場で赤ちゃんが泣いてしまった…!みんなの「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」

「赤ちゃんの泣き声」に関する体験エピソードを、ウーマンエキサイトで連載中の人気コミックライターのみなさんに聞いてみました!

特集へ戻る

赤ちゃんを泣き止ませるのに必死で気づかなかったこと【産後太りこじらせ母日記 第10話】

赤ちゃんは泣くのが仕事! と言われていますが、実際に公共の場で泣かれてなかなか泣きやまないと焦っちゃいますよね。

私もとくに1人目のときは余裕もなく、公共交通機関での外出はすごく憂鬱(ゆううつ)でした。

私は実家が遠く帰省するときは新幹線に乗るのですが、泣かれるのが嫌で帰りたくないと言ったこともあります。

■帰省中、新幹線でのできごと

帰省の際に新幹線で泣かれてしまい、デッキに出てあやしていたときのこと。

赤ちゃんを泣き止ませるのに必死で気づかなかったこと【産後太りこじらせ母日記 第10話】

ギャン泣きしている長男に年配の方が「元気ね~!」といってほっぺをツンとしました。

赤ちゃんを泣き止ませるのに必死で気づかなかったこと【産後太りこじらせ母日記 第10話】

その瞬間ピタっと泣きやんで、私の今までの苦労は一体何だったんだと思いました(笑)

赤ちゃんて、あやそうと焦れば焦るほど泣くんですよね。

そして見慣れないものや珍しいものに興味を示したりするので、このときは知らない人にツンとされたことで興味が移り、泣き止んだのかなと思いました。

子どもが泣いてしまい心ないことを言われたこともありますが、「元気ね」「泣くのが仕事だもんね」「かわいい」と言われた回数のほうが多く、その言葉にはかなり救われました。赤ちゃんを泣き止ませるのに必死で気づかなかったこと【産後太りこじらせ母日記 第10話】

次ページ :  ■泣きやませることに必死で気付かなかったけれど… … >>

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.