公共の場で赤ちゃんが泣いてしまった…!みんなの「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」

「赤ちゃんの泣き声」に関する体験エピソードを、ウーマンエキサイトで連載中の人気コミックライターのみなさんに聞いてみました!

特集へ戻る

助け合い育児ができる世の中のために「私ができること」を考えてみた【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.27】

ある日のこと、近所に新しく大きめの病院ができたので行ってみたのですが、それはそれはひどい混雑でした。

2時間待っても呼ばれない…待合室はなんだか殺伐とした雰囲気です。
助け合い育児ができる世の中のために「私ができること」を考えてみた【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.27】
ちょっとそんな言い方って…!

何かお手伝いしようか…? でも余計なお世話かな~なんて迷ってた私。

この一言で吹っ切れました!
助け合い育児ができる世の中のために「私ができること」を考えてみた【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.27】

グズってたのはまだ3歳という女の子。「ママがいい~」って時期だよね。下の子にママが取られた気がして寂しい気持ちだっていっぱいあるはず。

うちの子も年子だったのでそんな時期がありました。

あの時、わが子を十分に満たすことが物理的に無理だった(人手が足りなかった)こと、その後悔もあったことから、まだ人見知りしていない赤ちゃんを抱っこするお手伝いさせてもらいました。お母さん、何度も「ありがとうございます」と。
助け合い育児ができる世の中のために「私ができること」を考えてみた【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.27】
しばらくして先ほどのおじ様が診察を先に終え帰る間際に…
次ページ :  なんだかバツ悪そうに持ってた飴をその子に差し出し… >>

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.