初めての習い事は常に大泣き…それでも続けてよかったと思えた理由とは【ムスメちゃんとオコメちゃん 第8話】

koyome
ライター
koyome
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ムスメが幼稚園に入園したら「何かやらせたいな~」と思っていました。
自分が子どもの頃習っていたもの、逆に憧れていたもの。選択肢はたくさんありますよね。
何よりムスメが楽しんで通ってくれたら…と思い、通い始めたのが、友達に誘われたスイミングでした。

初めての習い事は常に大泣き…それでも続けてよかったと思えた理由とは【ムスメちゃんとオコメちゃん  第8話】
普段から遊んでいるお友達がいることは嬉しいようでしたが、それでも最初の1か月は毎回泣いていました…。
2か月目からは最初は行き渋り、時々泣くものの、プールに入ってしまえば笑顔が出ることも。かと言って、喜んで通っているとは言えず、辞めようか迷っていました。

が、そのころ喘息の診断が出てしまい、喘息に良いと聞くスイミングを辞めてもいいものか…とまた迷うことに。結局、泣くこともほぼ無くなったムスメをそのまま続けさせていましたが、3か月ほど経ったある日、ムスメにふと聞いてみました。
koyome
koyomeの更新通知を受けよう!
確認中
koyome
koyomeの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
koyome
koyomeの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
koyome
koyomeをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
koyome
koyomeの更新通知が届きます!
フォロー中
koyome
koyomeの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.