なかなか踏ん切りがつかなかった卒乳は、とあるアクシデントで…【劔樹人の「育児は、遠い日の花火ではない」 第8話】

劔樹人
ライター
劔樹人
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
皆さま、ごきげんいかがですか。

男の墓場プロダクションの劔樹人と申します。

普段はマンガを描いたり、バンドをやったり、ハロー!プロジェクトの応援をしたりしながら、家のことや育児を主に担当する主夫として生活しています。

今回は、偶然できたわが家の卒乳時のお話です。

■突然訪れた卒乳のきっかけ

なかなか踏ん切りがつかなかった卒乳は、とあるアクシデントで…【劔樹人の「育児は、遠い日の花火ではない」 第8話】

その頃はまだ寒い次期だったので、娘は1歳を過ぎたくらいだっただろうか。

まだ寝かしつけの時の添い寝授乳も日々の習慣であったが、娘は歯も生えてきたので、虫歯にさせないためにはそろそろ卒乳をしたい頃合いだった。

見た感じはすっごい強そうなくせにもともと体力のない妻は、出産後風邪ばかりひき、抵抗力は一層落ちている様子だった。

おっぱいを作ることははとてもエネルギーが要るという。これは明らかにひとつの要因である。

卒乳の機運は高まっている。

本当はすぐにでもしたい。

そんな話にはなるものの、おっぱいを飲むわが子のかわいさに、妻もなかなか踏ん切りがつかない様子もあった。

そんな時、妻が高熱で寝込んだ。

なかなか踏ん切りがつかなかった卒乳は、とあるアクシデントで…【劔樹人の「育児は、遠い日の花火ではない」 第8話】

インフルエンザだった。
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
確認中
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
劔樹人
劔樹人をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
劔樹人
劔樹人の更新通知が届きます!
フォロー中
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.