もう頼らない! 私が母と衝突して出した悲しい決断 ~ 私と母の"友人のような関係"が起こしたトラブル(2)【息子愛が止まらない!! 第22話】


■もう頼らない! 爆発してしまった私の思い

でも、私にも言い分がありました。

どうして自分はこんなにも相手の顔色をうかがってるのだろう??

とくにこの日はイヤイヤ期真っ盛りの息子に手を焼いていたので、そもそも正確な時間なんて読めなのに…! とやり切れない気持ちがこみ上げ…

私の中で何かが、切れた…。そして、母に迷惑を掛けたことを謝り、「今晩は泊まらない」ことをメールするのでした。

「料理を用意してくれるわけでもないし」「お風呂だって気を遣って先に家で入ってから出発してるのに」「きっくんに朝から振り回されて、メールひとつ打つのも大変なのに」「子育てをしてきた人がどうしてそこを理解してくれないの?」そんな思いで頭がいっぱいでした。

このメールを最後に私は、実家とは距離を置こうと決心しました。

「誰かに甘える」ということは、その人の迷惑になる。

そう考えてしまうのは、受験や結婚、出産と節目のたびに、今まで何度も母と衝突してきたからでした。

甘えない、頼らない。昔からそう思ってきたのに、子どもが生まれて大変な私のことを一番わかってくれるのは母だと思ってまた頼ってしまった…。
頼らないと決めたとたん、心にぽっかりと穴が開いたような感覚に…。

頼らないと決めたとたん、心にぽっかり穴が開いたような感覚に…

ここまでは、「私サイド」のお話でした。

この後、ついに母の胸の内が明かされます。

なぜこうも私たちが泊まることで、母の感情が乱されていたのか…

そして私たちがたどりついたお互いの反省点についても話したいと思います。

長くなりますが、次回に続きます!
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ねここあんな。
ねここあんな。をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知が届きます!
フォロー中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.