おばあちゃんって呼ばないで! 若くして祖母になった母の心の叫び(前編)【息子愛が止まらない!! 第24話】

ねここあんな。
ライター
ねここあんな。
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。


■うれしいはずなのに心が痛む「おばあちゃん」という呼び名

さらに母は「ばあば」や「おばあちゃん」という呼び名そのものにも抵抗があったと言います。

特に母は若くして兄を、そして私を産み育ててきました。

しかも母はスタイルが良く、周りからも「お母さん若いね!」と幼少期の頃はよく言われていました。

そんな母は、私にとってもどこか自慢でした。

しかし、突然周りから「おばあちゃん」と呼ばれることで、母は「私はオバアサンになったんだな…」と、複雑な心境に。

もしかして心のどこかで傷ついていたのかもしれない、と言います。

かわいい孫の口から、私を認識して「ばあば」と呼ぶ声がする。

すごく愛しい。

「ばあば」と呼んでくれた孫。うれしいはずなのに…。なぜか傷つく女心。

うれしいはずなのに、なぜか心のどこかが痛む…。

しかし、母はこの年齢ならではの憂鬱を人に話せなかったと言います。

「いつまで若いと思っているんだ?」「あなたは孫もいて幸せなのに、そんな考え持つなんてひどい」

そんな声が聞こえてきそうで誰にも打ち明けられなかったのです。

「かわいい孫がいて幸せだろう」「いつまで“若い”と思ってるんだ」。そんな声が聞こえてきそうで、打ち明けることもできない…。

複雑な思いの中、葛藤と闘いながらも「今」を受け入れていくうちに、自分じゃない「誰か」を作り出していたのでした。

「“ばあば”って呼ばれるの嫌じゃないの?」と言われることも…。そんなとき、母は「全然! 孫の言う“ばあば”はかわいいものよ」と強がってしまうのでした。

母は長いこと、戸惑いを隠していたのでした。

体力や気力の衰えは自覚しているけれど、周りに悟られたくない。

そんな自分は、見栄を張っていたんだと母は話します。

だけど、もしかして女性ならわかることじゃないかな、と私は思いました。

「若い」と言われたら、やっぱりうれしいし、気持ちまで若返ると思うんです。

でも逆に周りから「おばあちゃん」扱いされたら?

やはり身も心も、なんだか老けていくような気がします。

そして今回の喧嘩をきっかけに、母の中にも心の変化がありました。

長くなってしまったので後編に続きます!
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ねここあんな。
ねここあんな。をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知が届きます!
フォロー中
ねここあんな。
ねここあんな。の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.