子育て情報『【7月の発達障害ニュース】パラスポーツ体験会から発達障害について学ぶ講演会など最新情報をチェック!』

2018年7月1日 14:00

【7月の発達障害ニュース】パラスポーツ体験会から発達障害について学ぶ講演会など最新情報をチェック!

この会議は一般からの参加も可能となっています。最新の知見や海外の事例などこれまでになかった情報を得られる機会になりそうです。

【日時】2018年7月13日(金)〜2018年7月16日(月)
【会場】広島国際会議場(広島県広島市中区中島町1−5)
【参加費】1日14,000円、4日間40,000円
【基調講演】
「癒しの社会基盤」Bruce Wampold博士
「クラタリングの概念化に向けた3方面からのアプローチ(TPA-CC)」Florence Myers博士(ニューヨーク州ガーデンシティのアデルフィ大学)、Charley Adams博士(サウスカロライナ大学で臨床助教授)、Susanne Cook博士(吃音セラピスト)
「吃音のある青年・成人に対する集団CBTアプローチの適用について」森浩一博士(国立障害者リハビリテーションセンター病院第三診療部長)
「吃音・クラタリング当事者・臨床家・研究者間の協力・連携関係の育成」Annie Bradberry氏(国際吃音連盟会長)、Mitchell Trichon博士(米国音声言語聴覚協会 認定言語療法士)
【申し込み】当日参加可能
【問い合わせ】
TEL:082-424-7179
Eメール:registration@jointworldcongress.org

https://theifa.org/ja/world-congress-home
世界合同会議ホーム


【ニュース】病と向き合う子どもたちの姿に何を感じる?ドキュメンタリー映画「子どもが教えてくれたこと」が2018年7月14日に公開!

【7月の発達障害ニュース】パラスポーツ体験会から発達障害について学ぶ講演会など最新情報をチェック!の画像

Upload By 発達ナビニュース

病と向き合いながら生きるアンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアルという5人の子どもたちに密着したフランスのドキュメンタリー映画が今月、日本で公開されます!

5人は動脈性肺高血圧症、神経芽腫、腎不全、表皮水疱症といった病をそれぞれ患っています。一人ひとり自分の病気についてよく理解し、そしてどう生きるかをその小さな体で考え、体現しています。懸命に日々を生きる姿から、家族や友人と過ごす時間がかけがえのないものだと改めて考えさせられます。

監督はフランスの女性ジャーナリスト、アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン。監督自身、2人の娘を病気で亡くした経験があります。今作品は、伝統ある世界最大規模の子ども映画祭「ジッフォーニ映画祭

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.