子育て情報『【サッカートレーニング】視野を確保してプレーの判断ができるようになる!苦手克服練習法』

【サッカートレーニング】視野を確保してプレーの判断ができるようになる!苦手克服練習法

サカイクがお届けする『親子で遊びながらうまくなる!サッカー3分間トレーニング』。今回はサッカー初心者の悩み「視野を確保できない、正しい判断ができない」を克服するトレーニングをご紹介します。

試合中は、仲間の状況や相手の位置などを目で見て判断することが大事。 しかし、初心者は足元のボールを見てしまいがちで顔が下がったままプレーすることが多く、視野を確保するのはなかなか難しいもの。

今回は、視野を確保してよく見れるようになること、その上でプレーの判断ができるようになるトレーニングを紹介します。


【やり方】
1.目印を2種類2つずつ用意して、同じ種類を対角線に配置。まずは身体の向きやどちらの足でコントロールするかをゆっくりやってみる
2.逆サイドも見れるように、ボールから遠い足を意識してコントロール
3.身体の向きと顔を上げて視野を確保することにを意識しながら、対面でパス交換
4.親はパスを出したら対角線に移動。子どもは受けたボールを足元でコントロールして、前にパスを出す。
慣れたら親も子もパスを出した後、対角線の目印に移動
5.ワンツーを意識。ダイレクトパスを使ってワンツーで対角線に移動
6.視野の確保にプラスして判断を加える。親の動きに合わせて、コントロールした方が良いのか、ダイレクトでパスを出した方が良いのか、ドリブルをして相手を交わすのが良いのか判断をしてプレー

【サッカートレーニング】視野を確保してプレーの判断ができるようになる!苦手克服練習法


【トレーニングのポイント】
・身体の向きがわかったら、視野を確保するために顔を上げて逆サイドの状況を見ておくことが大事
・ワンツーパスで相手を交わすイメージで行う
・親が何も合図を出さず動きもゆっくりだったら、子どもは足元でコントロールしてからゆっくり前にパス
・しっかり顔を上げて相手(親)と周りを見る
・力まずリラックスして行う
・慌てずゆっくり、慣れてきたらリズム良く行う
・失敗しても気にせず、親子で楽しみながら行う
次回もサッカー初心者のお悩みに応えるトレーニングをお届けしますのでお楽しみに!

お父さんコーチに役立つ練習メニューを公開中>>

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.