子育て情報『児童健全育成推進財団とナイキが実施する運動遊びプロジェクト”JUMP-JAM(ジャンジャン)”厚生労働省・スポーツ庁主催「第10回健康寿命をのばそう!アワード」を受賞』

2021年12月7日 13:00

児童健全育成推進財団とナイキが実施する運動遊びプロジェクト”JUMP-JAM(ジャンジャン)”厚生労働省・スポーツ庁主催「第10回健康寿命をのばそう!アワード」を受賞

一般財団法人児童健全育成推進財団(本部:東京都渋谷区、理事長:鈴木一光、以下児童健全育成推進財団)は、ナイキジャパングループ合同会社(本社:東京都港区、ゼネラル・マネージャー:小林哲二、以下ナイキ)とパートナーシップを組んで実施している運動遊びプロジェクトJUMP-JAM(ジャンジャン)において、厚生労働省・スポーツ庁が主催する「第10回 健康寿命をのばそう!アワード」の生活習慣病予防分野において、スポーツ庁長官 優秀賞 団体部門を受賞しました。

◆「第10回 健康寿命をのばそう!アワード」受賞内容
・名称 :「第10回健康寿命をのばそう!アワード(生活習慣病予防分野)」
・概要 :生活習慣病の予防の啓発、地域包括ケアシステムの構築に向け介護予防・
高齢者生活支援及び母子の健康増進に関して優れた取組を行っている
企業・団体・自治体を表彰。
※本アワードの《生活習慣病予防分野》で15企業・団体・自治体、
《介護予防・高齢者生活支援分野》で14企業・団体・自治体、
《母子保健分野》で11企業・団体・自治体が受賞。
・選考方法:有識者からなる評価委員会による書類選考・審査により決定
・発表日 : 2021年11月26日(金)
・厚生労働省 URL :https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22340.html

◆JUMP-JAMとは
JUMP-JAMは、日本の子どもたちの運動状況を考慮して独自に開発した、スポーツと自由な遊びが合体した新しい運動遊びプログラムです。千葉工業大学創造工学部体育教室 引原有輝 教授監修のもと、児童健全育成推進財団とナイキが開発しました。JUMP-JAMプログラムは、トレーニングを受けた児童館スタッフがいる安全な環境で実施され、運動の難易度、運動の種類、グループの人数や場所の広さに応じてアレンジができます。スポーツをより楽しむために求められる体力、俊敏性、筋力、協調運動能力を養えるだけでなく、子どもたちに必要な社会的、感情的スキルも養うことができます。
ゲームの勝敗を重要視せず、メンバーとの一体性や協働性を促し、子どもたちの間の社交性を助長し、子どもたちが自ら考え、表現することを促します。
2017年から東京都内の児童館10館でスタートし、2021年には116館に拡大しました。これは、都内に約590ある児童館のうち、5館に1館が実施していることになります。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.