風呂場で急に白目をむいてぶっ倒れた娘! 初めての衝撃に気が動転して…【劔樹人の「育児は、遠い日の花火ではない」 第5話】

劔樹人
ライター
劔樹人
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
皆さま、ごきげんいかがですか。
男の墓場プロダクションの劔樹人と申します。

普段はマンガを描いたり、バンドをやったり、ハロー!プロジェクトの応援をしたりしながら、家のことや育児を主に担当する主夫として生活しています。

今回は娘に起こった、親がひやっとした出来事のお話です。

■寝返りからあわや呼吸困難!?

風呂場で急に白目をむいてぶっ倒れた娘! 初めての衝撃に気が動転して…【劔樹人の「育児は、遠い日の花火ではない」 第5話】

ある真夜中、いつものように寝ていたら、何やらうめき声が聞こえてきた。

ハッとして見てみると、娘が布団にぐるぐる巻きになってうなっていた。

寝返りをゴロゴロとしていたら、芸術的なすのこ巻きになってしまっていたようなのである。

その姿はなんならユーモラスなくらいだったのだが、これが顔にまで巻きついていたら呼吸ができなくなるかもしれない。

間違いなく命の危険がある。

今回は、運が良かった。

娘がまだ0歳で体をうまく使えなかった頃は、布団やぬいぐるみで窒息してしまうことが心配で、いつも神経を研ぎ澄ませて寝かしつけていた。

2歳になってさすがにそこまで気にしなくなってしまっていたところもあるが、まだまだ小さく弱い命。気を引き締めなければならないと思った。

■これまでは運がよかった私たち

実は、私は運よくというか、娘が誕生してからそこまで肝を冷やすような危険な経験をしていないのである。

記憶にあるのは、まだ生後3ヶ月くらいの頃に、添い寝で寝かしつけていてうっかりこっちが寝てしまった時くらいか。

その当時は、「添い寝の時は絶対寝たらダメだ、寝たらダメだ…」と、いつも自分に言い聞かせながら育児をしていたので、ハッと目が覚めた時、娘には特に何もなかったものの、焦りと罪悪感がただ事ではなかった。

しかし、昨年の夏のこと…
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
確認中
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
劔樹人
劔樹人をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
劔樹人
劔樹人の更新通知が届きます!
フォロー中
劔樹人
劔樹人の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.