恋愛情報『心理士が教える、ケンカにならない「彼氏への伝え方」4選』

2019年10月11日 08:45

心理士が教える、ケンカにならない「彼氏への伝え方」4選

彼氏や旦那さんにイラッ!っとすることありますよね。心理士という職業である筆者でも、よ~くあります(笑)。

いくら人の心理を学んでも、イラっとしないようになるのは難しいもの。

でも、イラっとしたことを上手に伝えるコツはいくつか見えてきました。そこで今回は、そのコツについて紹介したいと思います。

心理士が教える、イライラしない「彼氏への伝え方」4選


■ 怒りながら言わない

誰かに「○○してよ」と怒られ、イライラしてしまった経験はありませんか?
「逆ギレ」という言葉があるように、なにかを伝えるときに一緒に怒りをぶつけてしまうと、それに同調しやすくなってしまいます。

イラっとしたそのテンションで伝えてしまうと、触発されて彼もイラっ。恐らくまともな話し合いにはなりません。

深呼吸をしたり、ひとまずトイレに行ってみたり、可能であれば日を改めるなど、落ち着いてクールダウンしてから指摘するのが正解です。

■ 言い過ぎない

伝えるときは、基本的に“シンプルかつ簡単な言葉”を意識してみてください。

これは彼氏に限らず、お母さんが子どもに伝えるときや、上司が部下に指導するときなども同じこと。人になにかを伝えるときの鉄則です。

「この間もそうだった」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.