恋愛情報『未練タラタラ…男が「大切なセフレ」に送った最後のLINE3つ』

2019年5月3日 20:45

未練タラタラ…男が「大切なセフレ」に送った最後のLINE3つ

セフレというのはカラダの関係のみではあるものの、やはり何かしらの感情が生まれるものです。一般的には女性が好意を抱くケースが多いですが、ときに男性側に芽生える場合も。そこで今回は、“本当は好きだったセフレに送った最後のLINE”というテーマで話を聞いたのでご紹介します。

文・塚田牧夫

目次

・「違う形で会いたかった」と後悔を
・「君は幸せになるべき人」と感謝を
・「次のセフレが決まったので」と強がりを


「違う形で会いたかった」と後悔を

未練タラタラ…男が「大切なセフレ」に送った最後のLINE3つ


「彼女とケンカしてムシャクシャしていた日。友だちを誘って飲みに行き、そこで声をかけた子とカラダの関係に。一夜限り……と思っていたけど、すごくいい子で、何度も会うように。

とはいえ、彼女もいるので、セフレのような関係になってしまいました。それでも、特に文句を言ってくることもなく、むしろ彼女との関係について相談にのってくれるほど。

しかし、いつまでも甘えてはいられない。それに、いつまでも続けられる関係でもない……。なので、最後に一度会い、別れを告げました。

その帰り、本当に胸が苦しくなってしまい、LINEで“違う形で会いたかった”と送ってしまいました。けど、返事はなかったです」マサル(仮名)/34歳

「君は幸せになるべき人」と感謝を

未練タラタラ…男が「大切なセフレ」に送った最後のLINE3つ


「二年ほど付き合っていた子がいました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.