恋愛情報『恋の仕方がわからない…何年も「好きな人」がいない大人がまた恋をする方法』

恋の仕方がわからない…何年も「好きな人」がいない大人がまた恋をする方法

2018年9月25日 11:55
 

目次

・アラサーが感じる「好き」の気持ち
・彼への好意を自覚した瞬間
・好きの感情を見失った女性の行動
・自分の中にある好きの基準をチェンジ
恋の仕方がわからない…何年も「好きな人」がいない大人がまた恋をする方法

昔は自然に恋する気持ちが芽生えていたのに、年を重ねるごとにときめきを感じなくなってきた…なんてことは多いもの。

「誰かを好きって感覚が、今ではよくわからない」という人もいるのではないでしょうか。そこで、アラサー女性のみなさんに「好き」についてさまざまな角度からお話を聞いてみました。

■アラサーが感じる「好き」の気持ち

まずは、「若い頃に比べて恋愛に対するスタンスが変わってきた」という意見をご紹介。

「20代後半に突入して、昔みたいに恋い焦がれる気持ちはなくなりました。人を好きになるって、胸が締め付けられるようなものばかりではないんだなぁと、最近つくづく思います」(27歳/銀行員)

「仕事も忙しいし、恋愛に頭が支配されることはないですね。私は相手に好意を持っているかどうかは、人としてアリと思えるか?で判断します。男性としてアリかわからなくても、付き合ってみたら情が深まることもあるので」(30歳/メーカー)

たとえ付き合っている相手がいても、「彼のことが片時も頭から離れない」的な情熱を持っている人ばかりではなさそう。

大人になってからも恋愛をしている女性がみんな、特別惚れっぽいタイプというわけではないようです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.