恋愛情報『冷え性はおブスのもと!肌老化が進む理由&今日からできる「改善方法」』

2016年10月6日 12:30

冷え性はおブスのもと!肌老化が進む理由&今日からできる「改善方法」

目次

・冷え性はなぜ起こる?
・冷え性が原因で肌荒れを起こすこともある
・冷え性を改善するためのちょっとしたコツ
・終わりに
冷え性はおブスのもと!肌老化が進む理由&今日からできる「改善方法」


冷え性に悩んでいる女性は、世代を問わず数多くいます。
そんな中、寒い季節でもおしゃれを優先してミニスカートや素足で過ごし、知らず知らずのうちに身体を冷やしてしまっている人も。

ちなみに冷え性は、婦人科系に悪い…というイメージがあるかもしれませんが、実は、肌にも悪影響を及ぼすんですよ。

冷え性はなぜ起こる?

まずは、冷え性のメカニズムと原因をご説明しましょう。
冷え性は体温調節機能の働きが、何らかの事情で低下してしまい、血液循環が悪くなって起こります。

体温調節機能は、暑さを感じると毛穴を開かせて汗を流し、体温が必要以上に上がらないように。寒い時には毛穴を収縮させて熱を保ち、体温が下がらないように働いています。

しかし、冷え性になるとこの働きが弱くなるので、寒くなればなるほど体温が下がり、どんどん冷たくなってしまうことも…。

体温調節機能は自律神経によって左右されるので、自律神経のバランスをくずすと働きが弱まります。すると、全身の血液循環が悪くなり、身体の隅々まで血液が届かなるため、特に手足が冷たくなるのです。

【冷え性になる原因は?】
・ホルモンバランスの乱れからくるもの
・低血圧や貧血などの病的なことからくるもの
・やせすぎで皮ふの面積が少ない場合
・筋肉量が少ない、または低下してしまった場合
・身体を冷やす食べ物のとりすぎ
・エアコンなどで冷やしすぎ

以上が、冷え性の主な原因だと考えられています。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.