2015年5月21日 18:00|ウーマンエキサイト

パンドラの箱とチキン南蛮【彼氏の顔が覚えられません 第28話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
「君には才能もオーラもない。いたってフツーの、どこにでもいる人間だ」

パンドラの箱とチキン南蛮【彼氏の顔が覚えられません 第28話】

画像:(c)runin - Fotolia.com


タナカ先輩が所属していたモデル事務所の社長は、そう言い放ったそうだ。高校に入学し、卒業を迎える間際までの約3年間。真剣に読モに打ち込んだ彼を除籍するときの言葉としては、あまりにも辛辣なセリフだった。

「だからこそ、育てる価値があると思ったんだがな。まったくの期待はずれだった」

仕事を始めた当初は無我夢中だった。気乗りしないファッションやポーズにも、果敢に挑んだ。肉体をさらす機会があれば、わずかに胸元をはだけさせるだけのことでも必死でジムに通った。

けれど、誌面が完成すると、他のモデルの写真に差し替えられていたこともたびたびあった。

「いいか、求められたものを求められたままこなすな。客はつねに、期待以上のものを求めてる。上にいきたかったら、もっといまの自分を打ち破らなきゃダメだ」

社長の言葉は厳しかった。自分ではすでに精一杯、努力を惜しまずやってきたつもりだったのに。これ以上、何をどうこなしていけばいいのか。

また、学校でも先輩の活動が噂されるようになり始めた。なぁ知ってるか、タナカのやつ、読モやってんだって。うっそ、マジ? きめぇ。自分のことカッコイイとか思ってんのかな。

それらの言葉には、身近な人間が活躍していることへの羨望もあったのだろう。しかし思春期のタナカ先輩には、そう考える余裕はない。言葉の槍は、盾も持たない彼を真正面から貫く。

平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.