恋愛情報『「愛情表現を欲しがる人ほど、自分が愛情表現していない」の法則』

「愛情表現を欲しがる人ほど、自分が愛情表現していない」の法則

2018年3月29日 21:00
 

目次

・愛は与えられるものでもないし、与えるものでもない
・愛情くれくれちゃんでは愛はもらうことができない
「愛情表現を欲しがる人ほど、自分が愛情表現していない」の法則


今回は、少し厳しめの口調で参りたいと思います。それだけ「愛情」に関しての捉え方を間違えて欲しくないという思いが私にはあります、

「もっと好きって言ってほしい、もっと構ってほしい、時間を作ってほしい。恋人なんだからそれぐらいやって当然でしょう?」

彼氏に対してもしそんな風にちょっとでも思っていたとしたら、その思いは間違いなく叶わなくなると思ってください。

■愛は与えられるものでもないし、与えるものでもない

愛情の表現の仕方は人それぞれで、愛しているからこそ怒鳴ってしまうこともあるし、愛しているからこそ見放していたりもするので、その時その瞬間にはその愛情に気づきにくいもんなんです。

「与えられている」と認識されるようでは、それは愛情ではありません。本当の愛情は、振り返ってみた時に「あぁ、私って愛されていたんだなぁ」と感じるものです。親が子どもに与える絶対的な愛情なんかがそうですよね。

愛情を注ぐ側が、「よっしゃ愛情注ぐぞー!」と思いながら愛を与えているかと言えばそうではないですよね。結果として与えてしまっているものなんです。

Mr.Childrenの歌詞に「愛はきっと与えるでもなくて、気がつけばそこにあるもの」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.