恋愛情報『男は自信を失っているときに浮気をしがちである』

男は自信を失っているときに浮気をしがちである

2018年4月8日 11:00
 

目次

・男性は自信を失っているときに性欲が高まる説
・男性はセックスすることで自尊心を高めようとしている
・自信を取り戻すと浮ついた気持ちがおさまる
男は自信を失っているときに浮気をしがちである


以前、テレビで痴漢犯罪についての特集をやっているのを見かけました。僕は、痴漢というととんでもない性癖の変態が犯すような犯罪をイメージしていたのですが、実態はそうではないようです。

なんと痴漢を犯してしまう人の大半は、普段は真面目で誠実であり、周囲からは信頼されている人なのだそうです。

番組では性犯罪の原因として「真面目すぎるがゆえのストレス」を挙げていましたが、この真面目すぎる故のストレスは、実は浮気の原因にもなりえます。

■男性は自信を失っているときに性欲が高まる説

僕自身の話で恐縮ですが、僕はかれこれ浮気というものをまだされたこともしたこともないのですが、自分が女グセの悪くなった時期がかつて一度だけありました。

それはビジネスに失敗し、自分自身の自信を完全に喪失したときです。そのときは、新しい女性との出会いを求めまくっていました。今振り返ってみると、他に自分の自尊心を埋められそうなものがなかったのが原因だと思います。

この経験をして以来、知り合いの男性が「今、無駄に性欲が高まっている」というたびに、「最近、自信なくすようなことなかった?」と聞くようにしているのですが、7割〜8割ぐらいの確率でYESが取れます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.