恋愛情報『男性が喜ぶ「会いたい」の連絡と、ウザったく思う「会いたい」の違いは?』

2019年3月31日 17:00

男性が喜ぶ「会いたい」の連絡と、ウザったく思う「会いたい」の違いは?

目次

・嬉しさとウザさの違い1:連絡の頻度
・嬉しさとウザさの違い2:気持ちの重さ
・嬉しさとウザさの違い3:相手を想う姿勢
・思いを殺さず、彼氏に「伝わる」方法を学んでいこう
男性が喜ぶ「会いたい」の連絡と、ウザったく思う「会いたい」の違いは?


彼への「会いたい」の気持ちが溢れすぎて、思わず「〇〇くんに会いたい」とLINEしてしまい、既読になる前に送信取り消して「なんでもないから気にしないで!」とフォローする。

そんな「会いたい」LINEを送ってしまい「あぁ、わたしは何をやってるんだ」と後悔したことはありませんか?

実は、もらう側にとって「嬉しい会いたい」と「ウザい会いたい」には明確な違いがあります。

そしてその違いは「頻度・重さ・姿勢」に現れます。

■嬉しさとウザさの違い1:連絡の頻度

原則、恋人に「会いたい」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。好きな人に「会いたい」と言われるわけですから、当然といえば当然です。

しかしその「頻度」が増えると、「嬉しい」が「ウザい」になります。

「会いたい」という気持ちはとてもナイーブなもの。だからこそ「出しすぎない」方が価値が高まります。

たまに「会いたい」と言われるから、「会えなくて寂しくなった感」が伝わるのであって、毎週のように「会いたい会いたい」と言われると「コイツ、暇なのか?」と思われてしまうのです。

■嬉しさとウザさの違い2:気持ちの重さ

頻度とも関係してくるのですが、「ウザい会いたい」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.