恋愛情報『生理前から捻れるような痛みが…→婦人科で告げられた“2つの病名”とは?』

生理前から捻れるような痛みが…→婦人科で告げられた“2つの病名”とは?

目次

・Tさんの場合……
・どんな治療を受けましたか?
・世の女性陣へ伝えたいことは?
・痛みを我慢せずに病院へ……
生理前から捻れるような痛みが…→婦人科で告げられた“2つの病名”とは?

周囲の人に相談しづらい婦人科系の悩み。

婦人科を受診するのにも、抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、読者の方から寄せられた「婦人科系の疾患に気づいたきっかけエピソード」をご紹介します。
監修者:ひなたクリニック院長、三橋 裕一
1964年生まれ。福島県会津若松市出身で2007年に札幌でひなたクリニックを開業。
産婦人科医の傍ら、総合格闘技のリングドクターとしても活動。
新事業の『内診台を使用したVIO脱毛』に日々奮闘中。

Tさんの場合……

元々生理不順があって経血量も多く、生理前に怒りっぽくなるPMSのような症状もありましたが「こんなものだろう」と我慢していました。

しかし、今年に入ってから生理1週間前から捻れるような酷い断続的な痛みがあり、生理痛も悪化。


さらに、生理前の精神状態も乱れているように思えたので、不安を解消しておきたくて婦人科を受診しました。

血液検査の結果、ヘモグロビンの数値が低いことと、フェリチンの数値が1桁であることが判明し「鉄欠乏性貧血」と診断されました。

さらに、MRI検査によって子宮と腸が癒着して曲がっていることがわかり「子宮内膜症」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.