恋愛情報『なぜ平均353万円もかかるの?意外と知らない結婚式費用の実態』

2016年6月10日 20:00

なぜ平均353万円もかかるの?意外と知らない結婚式費用の実態

たとえば、子育て卒業証書を送る“子育て卒業式”。また、新郎から新婦へサプライズのお手紙など、お金ではなく気持ちを込めるプログラムが喜ばれます」と奥田さん。

ブーケトスも“幸せのおすそわけ”として、コミュニケーションする時間へ形を変えています。ゲスト全員で紙飛行機を折り、新婦が持ったブーケめがけて飛ばすという演出も。

紙飛行機がブーケに届いた方に幸せが渡されるわけです。男女、既婚・未婚問わず参加できるため、にぎやかに楽しめますね。一体感があり、写真映えするシーンが人気です。



結婚式は挙げて当然とされていたころと違い、現在はカップルが主体的に、式をするかしないかを選択できる時代。大人数、新郎新婦2人きり、家族や親友たちと少人数でと予算やスタイルもさまざま。一生に一度のセレモニー、自分たちらしく過ごしたいですね。

(文/マチコマキ)

【取材協力】

※株式会社メイション・・・一流の結婚式・挙式・披露宴を適切な価格で実現する「スマ婚」ほか、各種ブライダルサービスを展開している。

【参考】

※スマ婚ホームページ

※結婚・結婚式-ブライダル総研

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.