恋愛情報『なぜ平均353万円もかかるの?意外と知らない結婚式費用の実態』

2016年6月10日 20:00

なぜ平均353万円もかかるの?意外と知らない結婚式費用の実態

目次

・予算オーバー原因はオプション選択にあり
・海外挙式なら渡航費込みで100万円前後
・挙式・披露宴でお金がかかる演出と節約法
・人気のお料理はおいしくてカラフルなもの
sumakon01


結婚式には、とにかくお金がかかるというイメージがあります。

実際、ゼクシィ結婚トレンド調査2015によると、挙式、披露宴・披露パーティにかかる平均のお金は352.7万円。そのため、結婚式を行わない“ナシ婚層”も増えています。

お祝い事だといっても、なぜ結婚式にはお金がかかるのでしょうか?ブライダル関係のプロデュースを行う株式会社メイションの奥田佑佳さんにお話をうかがいました。

■予算オーバー原因はオプション選択にあり

そもそも、結婚式・披露宴の価格は、「新郎新婦の自己負担」と「ご祝儀や親戚からのサポート」を合わせた額をベースとして設定されていることが多いとか。

結婚式のプランを見てみると、「人数に合わせていくら」というパッケージもあります。なかにはリーズナブルに感じるものもありますが、要注意。

いい例が、指定されたブランド以外のドレスを着たいなど、プラン外のリクエストがある場合。すると追加で費用がプラスされてしまい、予算オーバーになりやすいのです。

しかし、近年の経済状況などを考えると出費はできるだけ抑えておきたいところ。また、イマドキの結婚式は「自分たちで主体的に選ぶ」

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.